「フリー百科事典」ウィキペディアの「古森義久」の項に口汚い誹謗が載っていたことに対し、このブログの場で問題を提起し、期せずして多数の方々の協力を得た結果、不当な悪口はこの「事典」の私の項から一掃されました。気分爽快です。

 

おこがましいようですが、いままで言論活動は所詮は一人だけで、というのが原則と思ってきたので、こういう支援は予期しませんでした。でも同志の存在が確認されたようで、感激です(誇張ではなく)。

 

ただし油断禁物、このウィキペディアなる奇怪な落書きの場は左翼がまとも派を攻撃するフォーラムのようなので、またいつ誹謗を書き込まれるかも知れません。でも今回の経験は私にとって、本当にうれしく、ブログを開いてよかったと感じました。

インターネット世界での個人の誹謗や名誉毀損は実に多様な方法があるものだと感じました。

最近、「フリー百科事典 ウィキペディアWIKIPEDIA」と称するネットに、私に関する飛んでもない誹謗が載っていると知人から知らされました。ネットでの無署名の悪口雑言には慣れているので、しばらく放置していたのですが、他の知人たちからも何回が指摘され、みてみました。

なるほどひどいのです。

「古森義久」に関しては過去の産経新聞や毎日新聞での報道活動の記録や、40冊以上の著書は「事典」の下の方に記されているのですが、冒頭に「古森」の紹介として、「自称ジャーナリスト」とあるのです。これでは私は詐欺師のようですね。しかも「自民党右翼の御用言論人」とあります。

私のジャーナリスト活動が単に自称に過ぎないのか。では日本新聞協会賞、日本記者クラブ賞などの私の受賞はなんなのでしょうか。

「御用」とあるからには、私を御用にする側と私の間に特別なつながり(契約とか報酬支払いとか定期的接触など)があるということでしょう。しかし実際にはそんなものは皆無です。「御用」であることを証明してもらいたいですね。

要するにこの「フリー百科事典」なる書き込みの場は私の日ごろの言論が嫌で嫌でたまらない左翼分子の誹謗のフォーラムとなっているのです。この種のデッチアゲは便所の落書きに等しいのでしょうが、卑劣ですね。

もっとも私へのこれほど卑怯で稚拙なデマゴーグが出てくることは、私に対して、とにかく必死で攻撃を浴びせねばならないという焦りをも感じさせ、私の言論がそれだけ重みを持っているということなのでしょうか(半分、冗談ですが)

↑このページのトップヘ