「アメリカは小泉首相、あるいは次期首相の靖国参拝に反対している」という虚報が日本ではかなり広範に流れているが、ワシントンで実際にみると、日中間の靖国問題ではむしろ中国の態度を非難する声の方がずっと多い。

その証拠は産経新聞本紙を読めば、一目瞭然です。

他の親中・媚中のマスコミや評論家の虚言に騙されないよう、気をつけましょう。