デジャリックさん:

 

私は日本の敵ですか。

 

「過去にかかわることを拒む古森氏のような輩こそ日本の利益の真の敵だ」

 

日本国際問題研究所(JIIA)の研究員のフランス人学者Robert Dujarric 氏が上記のように英文で書いています。場所はアメリカの日本研究者らが意見を自由に交換するインターネット論壇NBRです。

NBRの会員にはそこに記されたことをそっくりそのままマスコミなどの公開の場に転載しないことなどの制約が課されていますが、私は会員ではなく、自分自身への誹謗ですから、自分自身のブログで堂々と紹介して、反論する権利があります。

 

なぜ私が日本の国益の敵なのでしょうか。 

学者らしく客観的に説明してほしいですね。

日本の国民の資金で運営される日本国際問題研究所のメンバーからこういう「意見」が出てくること、おもしろいですね。

 

みなさん、英語の世界ではこの種の日本人批判は日常茶飯事なのです。