日本はアジアでは孤立などしておらず、安倍政権の登場はむしろ歓迎されていることを証する動きがありました。いずれも日本の大部分のマスコミは取り上げていない動きです。「日本はアジアで孤立している」と大上段からの虚報を伝えてきた新聞などは恥ずかしくて報じられない動きなのかもしれません。

第一はベトナムが日本との新たな「戦略的パートナー」となったことです。
ベトナムのグエン・タン・ズン首相が10月18日から22日まで日本を公式訪問しました。ズン首相は日本の国会で演説までしています。
ズン首相の訪日ではベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟に日本が賛成することや、日本の対ベトナムの投資や貿易を拡大すること、さらには日本のベトナムへのODA(政府開発援助)を増額すること、などが合意されました。しかしそれよりも注目されたのは日本とベトナムが「戦略パートナー」となり、安全保障面でも新たな協力を始めることを合意した点です。
日本とベトナムは「アジアで平和と繁栄を築くための戦略的パートナーになることに合意した」というのです。この両国の結びつきは明らかに中国の軍拡を念頭に入れているといえるでしょう。アメリカのブッシュ政権も実はこの日本・ベトナムの安保面での急接近に注視しています。
しかし肝心の日本ではこのベトナム首相の訪日の動きはほとんど報道されませんでした。

第二はインドネシアの安倍政権の安保政策への歓迎表明です。
具体的にはインドネシアのユウオノ・スダルソノ国防相が10月上旬、ロイター通信のインタビューに答えて、安倍政権の登場に対して次のように語ったのです。

「東アジア安全保障での日本の力強く、果敢な役割を歓迎する。そうした日本の動きは中国などとの新たな、好ましい均衡を生み出すだろう」

「(安倍政権が憲法を改正し、従来の消極平和主義を捨てることについて)日本が『普通の国』になる希望の一環として
まず従来の防衛庁を止めて、防衛省を設置することを望む。日本が防衛面でアメリカとなおきずなを保ちながらも、アメリカの庇護を受けることは大幅に減らすことを期待する」

「いまわれわれがみているのは、中国、日本、インドなどが台頭することで出現してきた新しい東アジアの力の均衡だろう。アメリカの役割もなお最重要な存在として歓迎されている」

ベトナムもインドネシアも、安倍政権が自国と緊密な関係を結ぶことを強く求めているといえます。
ちなみにベトナムもインドネシアも、日本の首相の靖国参拝に対して公式の場でなにか述べたことはまったくありません。

アジアで日本は孤立していないのです。