中国の軍事政策や人民解放軍の体質を近未来のフィクションで描いたアメリカの書の日本語訳が出版されました。
原書は「Showdown」というタイトルで、先代ブッシュ政権の国防総省副次官だったジェド・バビン氏とレーガン政権の国防総省動員計画部長だったエドワード・ティムパーレーク氏による共著です。

中国がなぜ軍事力を増強し続けるのか。その軍拡の最終目標はなんなのか。その目標の達成のために中国人民解放軍が一定条件下での戦争を考えていることは明白です。
ではその戦争はどう実行するのか。
この可能性をシミュレーションとフィクションの混合で描いたのがこの書です。
私はそのなかの日中戦争のシナリオ部分を産経新聞で紹介しました。

この書の日本語版が産経新聞出版からいま出版されました。
タイトルは「中国が牙をむく日」 SHOWDOWN 対決
翻訳は佐藤耕士氏です。
本のカバーには以下のような記述があります。

「中国の年間1千億ドルもの軍事予算は何のためか。中国は戦争への道を突き進んでいるのだ。開戦のきっかけは何か。その戦争とはどんな戦争か。米大統領の側近だった二人の著者が提起する、日本を巻き込んだ米中戦争を予想した驚愕の近未来小説」
「核ミサイルで大阪は壊滅。靖国神社は瓦礫の山。しかし米国はーー」
中国の「戦争シナリオ」はこれだ。
1.国家統一のための戦争
2.第2次朝鮮戦争
3.第1次石油戦争
4.中日戦争
5.世界石油戦争
6.「暗殺者の戦棍」戦争

原書の日中戦争の章は昨年10月に私が抄訳して、産経新聞に10回、連載しました。その第1回を以下に紹介します。
その10回分は産経新聞ウェブに載っています。


近未来小説「SHOWDOWN(対決)」
(1)「日本を叩けばよい」 

 【ホワイトハウス 2009年1月20日】

 「どこの島ですって?」

 新しい米軍最高司令官の大統領はいらだちを隠さなかった。前年11月の選挙に勝って米国初の女性大統領となった民主党リベラル派のドロシー・クラターバックは就任のパレードを終え、日本の首相からの祝いの電話に出ていたが、会話はぎこちなかった。

 首相の声は珍しく感情をあらわにしていた。

 「尖閣諸島ですよ、大統領。沖縄の近くにあり、周辺に豊かな油田やガス田があります。日本領土ですが、中国が領有権を主張しています」

 「その島のなにが緊急なのですか」

 「はい、尖閣諸島の至近海域で中国海軍がロシア軍の支援を得て、大演習を始めました。中国は武力で尖閣を占拠しそうなのです」

 「わかりました。こちらも検討しましょう。数日後にまた話しあいましょう」

 女性大統領は電話を切ると、そばにいたCIA(中央情報局)長官らに顔を向けた。長官らは前共和党政権のメンバーで、数日後にはもう職を離れることになっていた。

 「中国側が今夜の私の就任祝いパーティーの前に軍事攻撃をかけることはないでしょう。私の新政権は中国とことを荒立てる方針はない。中国は必ず責任ある道を選ぶでしょう。もうこの件ではなにも報告しないでください」

 CIA長官が反論した。

 「大統領、いや中国はあなたの出方をテストしているのです。前大統領が就任後、まもなく米軍の偵察機が海南島で強制着陸させられたことを覚えていますか」

 「中国がなにを求めているのか、私はよくわかっています。前政権はそれがわからなかった。私は選挙戦を勝ち抜いたのと同じ方法でうまくジャップと中国人とを扱いますよ。まあ、みていなさい」

 【北京・中央軍事委員会 同年6月1日】

 軍事委主席の胡金涛は人民解放軍の幹部の将軍連に問いかけた。

 「人民を団結させ、党や国家への忠誠を高める最善の方法はなにか」

 将軍の一人が答えた。

 「中国人は誇りの高い民族です。人民が国内の失業や貧困から目をそらし、自国への帰属意識を高めるには周辺諸国を従属させ、中国の覇権を誇示することです」

 他の将軍が反論する。

 「しかし周辺諸国と戦争をするわけにもいかないでしょう」

 「いや、戦争ではない方法で一国を屈服させれば、他の国にもドミノ効果がある」

 胡が口をはさむ。

 「そうか、一国を服従させれば、他の国もその例に従うわけか。だがその一国をどこにするか。実質的なパワーと象徴的な重要性を持つ国でなければならないが」

 人民解放軍の総参謀長がおもむろに答えた。

 「日本です」

 胡がすぐに同意した。

 「そうだ。日本だ。日本を叩けばよい。日本を軍隊で侵略する必要はない。歴史問題で叩いて、天皇に中国への侵略について公式謝罪をさせる。そうすれば中国人民の誇りや民族意識は急速に高まるだろう。日本に屈辱を与え、服従させるための具体的な計画を3日以内に提出するように」(つづく)

 ジェド・バビン/エドワード・ティムパーレーク共著

 抄訳=ワシントン駐在編集特別委員、古森義久

(2006/10/16 10:00)

 【メモ】中国人民解放軍の実態を近未来小説として描いた「ショーダウン(対決)」という書が米国で刊行された。著者は先代ブッシュ政権の国防副次官ジェド・バビン氏とレーガン政権の国防総省動員計画部長エドワード・ティムパーレーク氏で、レグネリー社刊。中国が戦争を始める展望がフィクションとして書かれるなかで「2009年に中国のミサイル攻撃で新たな日中戦争が始まる」という章がある。その章を中心に同書を抄訳で紹介する。

▲記事本文▲▼近未来小説「SHOWDOWN(対決)」一覧▼

近未来小説「SHOWDOWN(対決)」

1)「日本を叩けばよい」