慰安婦問題で日本を糾弾する決議案を推進したアメリカ下院のマイク・ホンダ議員(民主党)が30日、盗みの罪で3年の懲役刑を受けながら、逃亡し、指名手配を受けていた中国系男性からや、その仲間の中国系人物たちからの政治献金を不当に受け取っていたことを認め、その寄金分3000ドルを放棄しました。
ホンダ議員と中国系とのカネの結びつきはここでも立証されました。しかも犯罪がらみのきわめて怪しい中国系人物たちからの献金なのです。
ホンダ議員が献金を受けていた時期も慰安婦決議案の審議の最中でした。

ホンダ議員が放棄した献金の内容は以下のとおりです。

2007年6月25日にウィリアム・ポー(鮑)から受け取った1000ドル

2007年6月25日にビビアン・ポー(鮑)から受け取った1000ドル

2007年6月25日にノーマン・シュー(徐)から受け取った1000ドル

シューという人物は中国系のビジネスマンとされていますが、1991年にカリフォルニアで盗みの罪で懲役3年の刑を受けました。しかし彼は姿を消し、指名手配中でした。その人物がニューヨークに現れ、ヒラリー・クリントン上院議員はじめ一連の民主党政治家に合計100万ドルにも及ぶ政治献金をしていた、というのです。

この献金騒ぎでの焦点はこの資金の真の出所はどこか、ということです。もし外国の機関や個人からの献金であれば、違法です。シュー、ポーという人たちはいまはアメリカ国籍のようですが、出身は中国です。しかもわりに最近のアメリカ移住です。

ホンダ議員もこのシューという人物、さらにシューとかかわりのあるポーという中国系一家からも献金を受けていました。ホンダ事務所は30日、この献金の3000ドル分を慈善事業に寄付した、と発表しました。本来、受け取ってはならない資金を受け取っていたことを認めたわけです。

今年の6月25日といえば、下院外交委員会で慰安婦決議案が採択される直前でした。下院議員選挙が近いわけでもないのに、そんな時期になぜ中国系からの献金がホンダ議員になされたのでしょうか。

以下にこの不正政治献金に関する産経新聞記事を紹介します。

慰安婦決議主導 ホンダ氏にも献金 

 

 【ワシントン=山本秀也】中国系実業家ノーマン・シュー氏による米民主党議員への献金問題で、慰安婦問題での対日非難決議を主導したマイク・ホンダ下院議員も同氏ら中国系の献金を受け取っていたことが分かった。シュー氏への批判を受けて、ホンダ氏は献金を辞退する意向を表明したが、同氏周辺に濃密な中国系人脈の影響が改めて裏付けられた形だ。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルが調べた献金リストによると、ホンダ氏はシュー氏から今年6月に1000ドルの献金を受けたほか、迂回(うかい)献金を請け負った疑惑の出ているポー家からも計2000ドルを受け取った。シュー氏は同月、ホンダ氏のレセプションで幹事役を務めていた。 

 30日付の地元紙サンノゼ・マーキュリーによると、ホンダ氏の広報担当グロリア・チャン氏は、献金を返すか、寄付する方針を表明した。ホンダ氏は、慰安婦決議の推進で在米の中国系反日組織「抗日戦争史実維護連合会」の支援を受けたほか、中国系の献金が多いことも確認されていた。



中国系実業家、米民主党に献金攻勢 ヒラリー氏ら辞退へ 


 

 【ワシントン=山本秀也】米次期大統領選で、民主党候補の指名争いをリードするヒラリー・クリントン上院議員ら同党の有力議員に対して、謎の中国系実業家による多額の献金疑惑が浮上した。米紙ウォールストリート・ジャーナルなどの調査報道によるもので、違法な迂回(うかい)献金の疑惑や、実業家の犯罪歴なども判明した。ヒラリー氏ら同党議員は30日、連日の報道を受けて献金の返金や寄贈を決めるなど、実業家と絶縁の動きが広がる騒ぎとなった。

 民主党では、ヒラリー氏の夫、クリントン前大統領の96年再選で、中国系実業家ジョニー・チュン氏らの巨額献金をめぐり、中国当局による献金工作を追及されていた。同党議員の「絶縁宣言」は、来年の選挙を前にチャイナ・マネー疑惑の再演を避けたい思惑だ。 

 28日に始まった調査報道によると、この実業家ノーマン・シュー氏は、04年7月、民主党の大統領候補だったケリー上院議員に2000ドルを献金したのを手始めに、この3年間で民主党の各種候補に22万5000ドルを献金した。とくにヒラリー陣営の資金集めでは、100万ドルを集める集金手腕で、同陣営の上位20位に数えられる集金役に躍り出ていた。 

 献金を受けた議員は、このほかヒラリー氏のライバル、オバマ上院議員ら、大統領候補を中心に多数にのぼる。 

 問題となったのは、シュー(徐)氏が法定の献金限度額を避けるため、第三者を通じて行う迂回献金の疑惑が浮上したことだ。献金リストによると、年収4万9000ドルの郵便局員を筆頭とするカリフォルニア州の中国系家族ポー(鮑)一家が、ほぼ年収相当の4万5000ドルをヒラリー陣営に献金した事実などが判明。家族側では、同氏から献金を勧められたことを認めていた。 

 シュー氏はニューヨークに本社をもつ「コンポーネント社」の経営者という以外、素性が不明だったが、ロサンゼルス・タイムズ紙の報道で、同氏が15年前、カリフォルニア州で土地を不正取得したとして訴追され、服役3年の判決後に逃走中であることが分かった。 

 FOXテレビなどによると、ヒラリー陣営は「同州での収監命令を聞き、シュー氏の献金は寄付にまわす」と発表。日系のドリス・マツイ下院議員は、献金を返金する考えを明らかにした。 

 

記事情報終了フッター情報開始