拉致議連(正式名称は「北朝鮮に拉致された日本人を救出するために行動する議員連盟」・平沼赳夫会長、安倍晋三顧問)が203議員の連名で5月27日、アメリカ向けに緊急決議を採択し、発表しました。米側の政府と議会の両方に伝達されます。

この決議の趣旨は北朝鮮の核兵器開発問題で安易な妥協をして、北朝鮮をアメリカ政府の「テロ支援国家指定リスト」から外すようなことはしないでほしい、という簡潔な要請です。もし米側がその指定解除に踏み切るならば、日本側としては反対し、アメリカと北朝鮮との「核合意」さえも認めないことを明確に表明し、場合によっては六カ国協議から脱退する、と示唆までしています。きわめて強い対米要請、いや対米警告ということもできるでしょう。決議は衆参両院203人の議員たちの連名となっています。

この動きの背後にあるのはもちろん横田めぐみさんに象徴される北朝鮮当局による日本人拉致事件です。この悲劇がなお解決されていないことによります。

           
寺越昭二さん
(1963年5月)
寺越外雄さん
(1963年5月)
寺越武志さん
(1963年5月)
加藤久美子さん
(1970年8月)
古川了子さん
(1973年7月)
久米裕さん
(1977年9月)
松本京子さん
(1977年10月)
横田めぐみさん
(1977年11月)
田口八重子さん
(1978年6月)
市川修一さん
(1978年8月)
増元 るみ子さん
(1978年8月)
曽我ミヨシさん
(1978年8月)
       
小住健蔵さん
(1980年)
原敕晁さん
(1980年6月)
       
           

■平成14年10月15日に帰国した5人

         

地村 保志さん
(1978年7月)
地村富貴恵さん
(1978年7月)
蓮池薫さん
(1978年7月)
蓮池 祐木子さん
(1978年7月)
曽我ひとみさん
(1978年8月)

■海外で拉致された方(年代順)


今回の決議は拉致議連の代表の平沼赳夫議員らが昨年11月にワシントンを訪問し、米側の政府、議会の当事者たちと面会して、日本側からの要求を強くぶつけた活動の延長上にあります。

今回の決議は拉致問題だけでなく核問題にまで具体的に踏み込んで、いまアメリカが国務省主導で進めている北朝鮮との間の「合意」がいかに欠陥だらけであるかを指摘した点も特徴です。

しかし繰り返しですが、背後にある日本にとっての最大の課題は自国民が拉致されたままでいる、ということです。以下の写真の横田めぐみさんがその代表例でしょう。もちろん他の被害者の方々の悲劇も最大限に語られ続けられねばなりません。

中学に入学しためぐみさん=昭和52年(横田夫妻提供)  

山口県萩市に家族旅行。めぐみさんの洋服はお母さんの手作り=昭和50年(横田夫妻提供)



さて、27日に採択され、発表された決議の日本語、英語の全文を以下に掲載します。繰り返しですが、この決議を生む日本側議員による外交努力は昨年11月に続き、今年4月にも「救う会」「家族会」との連携によって、ワシントンを舞台として、きわめて地味ながら精力的に継続されてきたからです。以下が全文です。



拉致議連緊急決議

「核と拉致の両面で無原則な対北譲歩をしてはならない」

 

 わたしたち「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」は、昨年来、北朝鮮が「完全かつ正確な」核開発計画申告を行っておらず、拉致問題が一切進展していないなかで、米国がテロ国家指定を解除するなら、日米同盟に深刻な危機が訪れると警告してきた。

 
 昨年11月に平沼赳夫議連会長をはじめとする7人の議員が家族会・救う会代表とともに訪米し、政府、議会関係者にそのことを伝えた。それを受けて米議会では国務省の交渉姿勢に対する批判の声が高まり、5月下院で安易なテロ国家指定解除を禁じる法案が可決された。5月はじめに議連役員が家族会・救う会代表とともに再訪米したが、そこでヒル次官補は核爆弾製造工場について「情報を得ていない」と明言した。

 北朝鮮は、ウラン爆弾開発計画とシリアなどへの核拡散については否認し続け、プルトニウム爆弾開発計画についてもプルトニウム量だけに議論を矮小化し、肝心の核爆弾の数や核爆弾製造工場を不明にしたまま開き直おろうとしている。拉致についても「解決済み」と強弁し続けている。

 北朝鮮の中距離核ミサイルはわが国にとって重大な脅威であり、わが国国民の拉致はわが国主権の侵害である。同盟国である米国が、核と拉致の両面において無原則な譲歩を行うならば、日米同盟の根幹である米国への信頼が大きく揺らぐ。本議連はわが国政府と米国政府に次の点を強く要請する。

 

1 わが国政府は、米国政府が核計画申告と拉致問題の両面で無原則な譲歩をしないよう外交努力を一層強めること。不十分な申告内容で米朝が合意した場合、承認しないこと。

 

2 米国政府は、北朝鮮の核武装と拉致を事実上容認することになる、上記のごとき安易なテロ支援国指定解除を行わないこと。

 

 

平成20527

北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟会長 平沼赳夫

 




League of Parliamentarians for Early Repatriation of Japanese Citizens

Kidnapped by North Korea

 

Urgent Resolution

Urging Refrain From Unprincipled Concessions to North Korea on Nuclear and Abduction Issues.

 

We, the League of Parliamentarians for the Early Repatriation of Japanese Citizens Kidnapped by North Korea, have publicly warned since last year that the US-Japan alliance would be seriously jeopardized if the United States removes North Korea from the List of State Sponsors of Terrorism before North Korea has made a “complete and correct” nuclear declaration and while there has been no progress on the abduction issue. 

 

Last November, seven Diet members representing this League, headed by Chairman Takeo Hiranuma, along with representatives of both the Families of Abduction Victims and its supporting organization, visited Washington DC and conveyed this message to relevant officials of the U.S. Administration and the Congress.  Since then we have noted mounting criticism in the Congress over the negotiating posture of the State Department and followed the legislation passed by the U.S. House of Representatives in May that would prohibit hasty delisting of North Korea from the Terrorism List.

 

Members of this league returned to Washington DC this year in early May, again accompanied by representatives of the Families of Abduction Victims and supporting organization, for additional meetings.  At that time, Assistant Secretary Christopher Hill clearly remarked that the U.S. does not have information on where North Korea’s nuclear bombs are manufactured and that it is a problem.  

 

North Korea continues to deny the existence of its enriched uranium program and nuclear proliferation to Syria and other countries while trivializing the debate on its plutonium development program into merely a question of the quantity of plutonium extracted.  Defiantly, it has obscured critical information about its nuclear bomb manufacturing facilities and actual number of bombs.  Moreover, North Korea steadfastly refuses to discuss the abduction issue, claiming it is already resolved.

 

North Korea’s intermediate nuclear missiles constitute a grave threat to Japan and the abduction of Japanese nationals is a flagrant violation of Japan’s sovereignty.  Should the United States as an ally of Japan ever make an unprincipled concession either on the nuclear front or the abduction issue, Japan’s trust in the United States, which is the basis of the alliance, would be greatly shaken.

 

Therefore, we the League of Parliamentarians strongly urge both the Japanese and the U.S. Governments to adhere to the following:

 

1. The Japanese government should strengthen its diplomatic effort toward the United States so that the U.S. Government would not make any unprincipled concession on either the nuclear program declaration or the abduction issue. If the United States and North Korea ever reach an agreement with an insufficient nuclear declaration, the Japanese government should not recognize the agreement.

 

2. The United States’ government should not lift North Korea from the Terrorist List without a complete and correct declaration of its entire nuclear program and resolution of  the abduction issue or it would amount to de facto acceptance of North Korea’s nuclear armament and its acts of abduction.

 

Adopted:  May 27, 2008

 

 

HIRANUMA, TakeoIndependent

Chairman

 

ABE, ShinzoLiberal Democratic Party, LDP

Senior Adviser

 

NAKAGAWA, ShoichiLDP

Acting Chairman

 

NAKAI, HiroshiDemocratic Party of Japan, DPJ

Acting Chairman

 

HARAGUCHI, KazuhiroDPJ

Vice Chairman

 

YAMATANI, ErikoLDP

Vice Chairman

 

URUSHIBARA, YoshioNew Komeito

Vice Chairman

 

ETO, SeiichiLDP

Vice Chairman

 

NAKAGAWA, YoshioLDP

Vice Chairman

 

NISHIMURA, SingoIndependent

Director General

 

FURUYA, KeijiLDP

Secretary General

 

MATSUBARA, JinDPJ

Acting Secretary General

 

* The League is made up of 203 members from both houses of Diet.