以下のような記事を書きました。
 
ライシャワー核持ち込み発言というのも、日本異質論者というのも、古い話ではありますが、今の日米関係の現実になおしっかりとからみ合っています。
 
【あめりかノート】古森義久 異質論正すライシャワー伝記
2008年09月27日 産経新聞 東京朝刊 1面


 

 日本についての心強い見解を米側の識者から久しぶりに聞いた。

 「日本は当然ながら民主主義の価値観をアメリカと固く共有する頼りになる同盟国であり、米側はいまもきわめて重視しています」

 日米関係で長年、活躍してきたジョージ・パッカード氏の言葉だった。同氏は元駐日大使エドウィン・ライシャワー氏門下の古い日本研究者で、ジョンズホプキンス国際問題研究大学院(SAIS)や国際大学の学長を務め、いまは米日財団の理事長である。

 パッカード氏に昼食に招かれ、久しぶりに会うと、ライシャワー氏の伝記の執筆のために、私がかかわった「ライシャワー核持ち込み発言」について尋ねたいとのことだった。

 古い話ではあるが、1981年5月、毎日新聞記者だった私はハーバード大学を辞めたばかりのライシャワー氏にインタビューした。
 
 日米安保関係についてのその会見で同氏は日本の非核三原則の虚構を指摘する形で、米国の海軍艦艇は長年、核兵器を搭載したまま日本の領海や港に入ってきているのだと語った。
 
 この発言は日米両国政府の公式の主張にも反するとあって、大きな波紋を呼んだ。

 60年代にライシャワー駐日大使の特別補佐官を2年間、務めたパッカード氏は、私のインタビューの当日にボストン郊外のライシャワー宅にたまたま滞在していて、その後の「核持ち込み」をめぐる長い騒ぎでもライシャワー氏を支援した。

 パッカード氏は同じライシャワー氏門下で「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の著者のエズラ・ボーゲル氏らとともに、当初は私が寛容なライシャワー氏をずる賢く誘導して本来、語ってはならないことをうまく語らせたと思っている気配があった。
 
 だがその後にライシャワー氏自身が「古森記者の取材も報道も正確だった」と述べたため、周辺の私へのとげとげしい視線も和らいだ。

 パッカード氏はそんな経緯を改めて問いながら、自著が「月の裏側=エドウィン・ライシャワーとアメリカによる日本の発見」という題になることを教えてくれた。

 「単なる伝記ではなく、ライシャワー氏の正当性を示すための強い主張をも打ち出すつもりです」

 パッカード氏は意味ありげな笑いを浮かべながらこんな言葉をも口にしたので、どんな主張なのかと尋ねると「ライシャワー氏の日本論を否定し、ののしった修正主義者たちへの反論です」という。

 修正主義者とは日本異質論者とも呼ばれ、80年代から90年代にかけて、「日本は資本主義や民主主義とは本来、異質の官民一体の体制で世界の経済制覇を意図している」と主張した米欧の論客たちである。
 
 米国の有力雑誌編集長のジェームズ・ファロウズ氏やオランダのジャーナリストのK・V・ウォルフレン氏ら4人がとくに有名な日本異質論者だった。

 彼らは日本が基本的には米国と同質、均質だと説くライシャワー氏を辛辣(しんらつ)にたたき、「日本に買収された」とか「米国帝国主義の手先だ」と非難していたという。
 
 しかし現実には日本は民主主義と市場経済の道を歩み、米国のよき同盟相手ともなり、なおかつバブル経済は破綻(はたん)した。対テロ闘争などの安全保障面でも、米国の日本への依存や期待は大きい。

 だからライシャワー氏の年来の日本論はその正しさを証し、その伝記は期せずして日本異質論を改めて論破することになるとパッカード氏は熱っぽく語るのだった。(ワシントン駐在編集特別委員)