オバマ大統領とヒラリー・クリントン上院議員とは周知のように大統領選挙の予備選で激しく争いました。しかしオバマ氏はクリントン女史を国務長官に任命しました。外交政策でもいろいろ衝突することが多かった二人が果たして、これから完全なコンビとして歩調を合わせていけるのか。

 

雑誌SAPIO2009年1月28日号に書いた古森レポートを紹介します。

 

                =====

 アメリカのオバマ次期政権では外交面で複雑な錯綜が起きそうである。

 

 オバマ大統領が民主党内のライバルとして激しく衝突してきたヒラリー・クリントン上院議員を外交の責任者の国務長官に任命したからだ。

 

大統領選挙の予備選ではオバマ、クリントン両候補がまさに外交政策をめぐって険悪で熾烈な戦いを繰り広げた。

 

クリントン候補が流した「ホワイトハウスの電話が午前三時に鳴ったら」という選挙コマーシャルが話題を呼んだが、その趣旨は外交上の危機には未経験のオバマ氏ではとても対応できないという批判だった。

 

そしてオバマ氏の「大統領に就任すれば、すぐにイラン、北朝鮮などの最高指導者と前提条件なしに個別会談をして、問題の解決にあたる」という言明を「あまりに無知な外交姿勢だ」とも酷評した。

   

その一方、オバマ氏も「クリントン氏は大統領夫人として各国を回っただけで、実際には外交の経験はほとんどない」と反撃し、ブッシュ大統領のイラクのフセイン大統領打倒の攻撃に彼女が上院議員として賛成票を投じたことを非難し続けた。

そんな二人がこんどは一転、チームを組んで新政権の外交を推進するというのだから、離合集散は政治の常とはいえ、二人の言葉をまともに受け取っていた側は当惑させられる。

 

オバマ氏がそれでもなお最強のライバルをあえて国務長官に登用したのは、民主党内の団結強化の狙いや、クリントン氏の次回の大統領選での敵対封じの試みなど、したたかな計算あってのことだろう。

外交の姿勢や認識に関してはオバマ氏とクリントン氏の間にはこのように相違や対立が多かった。

 

だから実際のオバマ新政権の外交が整合性や一貫性でどうなるのか。懸念を禁じえない面もある。  

 

しかしその一方、両者の少なくとも公式の言明のなかには、歩調が合う領域も存在する。

その第一は多国間アプローチである。

 

選挙戦中はオバマ、クリントン両氏ともブッシュ政権の対外姿勢を「一国主義」と非難して、差し迫る国際的難題への対応はアメリカ一国、アメリカの国益やイデオロギーだけでなく、他の諸国をも巻き込んで、と主張した。

 

だから当然、国連への依存の拡大を説くことになる。

オバマ氏は外交政策論文では「アジアでの従来の二国間協定やサミット会談、北朝鮮に関する六カ国協議、あるいはその他の随時のアレンジメントを超える効率的な枠組みの形成に努める」と書いていた。

 

この「従来の二国間協定を超える効率的な枠組み」とは明らかに多国間の枠組みだった。

 

一方、クリントン氏も同様の外交政策論文で六カ国協議について「この枠組みを北東アジア安全保障の組織体の確立へと構築していくべきだ」と説いていた。

 

これまた明白な多国間アプローチの奨めだった。

 

多国主義というのはどうしても自国の独自の思想や哲学、さらには利害関係までの対外的な追求が希薄になる要素がある。

 

アメリカでは民主党リベラル派の伝統ともいえる志向の系譜だといえる。

 

多国間の関係を優先し、重視するとなると、どうしても伝統的な二国間の同盟関係への比重も相対的に減ることになりかねない。(つづく)

               =====