新聞記者や新聞社が大活躍する映画を紹介します。

アメリカでも日本でもこのところ新聞記者を題材にしたドラマは減っているようです。新聞業界の不振が原因かも知れません。

そんな中でこの映画は古きよき新聞の調査報道がミステリーの真相をあばいていく様子をがっちりと描いています。

全米で人気の話題映画でもあります。

 

なお映画とは無関係ですが、オバマ政権の対中政策について以下のサイトに長い分析を書きました。

 

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090428/149803/

 

 

 

 

【外信コラム】ポトマック通信 新聞業界への激励?
2009年04月27日 産経新聞 東京朝刊 国際面


 

 米国の新聞業界はこのところ活気を減らしているが、新聞記者や新聞社が大活躍する映画を久しぶりにみた。
 
 全米で4月中旬に封切られた「State of Play」。ステート・オブ・プレイとは「事の形勢」というような意味で、2003年にイギリスのBBCのテレビドラマとして人気を博した作品のハリウッド版のリメイクだ。

 舞台をロンドンからワシントンにそっくり移し、主役の新聞記者は人気スターのラッセル・クロウが演じる。
 
 彼の所属する新聞社はワシントン・グローブとされ、イラクやアフガニスタンの戦争を背景に、米連邦議員の調査活動をめぐってナゾの殺人や秘密の恋愛の真相があばかれていく。

 一見は正義の連邦議員が悪の戦争請負警備会社の罪状を追及していくという構図だが、二転三転し、ドラマは意外な展開をみせる。
 
 戦争を支持する側は邪悪、反対する側は正義という単純な色分けも覆される。

 ストーリーはあくまで主人公の新聞記者の断固たる調査報道の実行と、それを励まし指導する女性編集長のリーダーシップの発揮ぶりが中心であり、権力の犯罪や腐敗をあばく新聞の古典的な役割がきわめて前向きに描かれていた。
 
 まさに新聞が正義の味方として巨悪を告発し、最後は輪転機の轟音(ごうおん)とともに大スクープがハッピーエンドを招くのである。

 そんな内容は米国の映画界から新聞界への檄(げき)なのかもと一瞬、思わされた。(古森義久)