知人からウィキペディア(Wikipedia フリー百科事典)の古森義久に関する記述に奇妙な内容が記載されていると通知されて、一見してみて、呆れました。

 

まったくのデマが二重三重に記載されているからです。

そのデマ記入の意図は明らかに私の記者としての信用を落とし、

名誉を毀損することにあるようです。

 

まず現時点(2009年8月24日午後10時)でのウィキペディアの虚偽記述を紹介します。

 

なおオバマ大統領の人気の急降下について以下のサイトに最新レポートを書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090825/176276/

 

ではウィキぺディアのデマ記述の紹介です。

 

                         =====

<原爆の日と核廃絶についての主張 [編集]

 

古森の記事はこれに加え次の背景があるとされる。2002年10月16日にアメリカン大学においてジョン・ハーシーとピーター・カズニック准教授との間で行われた「米国の核」という討論会に広島の被爆者と秋葉市長はパネリストとして参加し、カズニックの米国の核についてどう思うかとの質問に答えた。その際、古森が「秋葉はアメリカで核問題の講演をしたが、北朝鮮の核に触れなかった」と批判記事を書いたことから、カズニックの研究室から「秋葉市長の講演会ではなく被爆者の質疑応答であり、事実確認をしていない恣意的な報道」だと抗議を受け、謝罪を余儀なくされた。 古森は、自身のブログにて2007年8月10日に「秋葉市長サイドに陥れられた」と表明している。一方で「古森自身による主張で何の証拠もない」とする批判もある[要出典]。>

                        ======

 

上記の私に関する記述のうち、まず第一に

 

<カズニックの研究室から「秋葉市長の講演会ではなく被爆者の質疑応答であり、事実確認をしていない恣意的な報道」だと抗議を受け、謝罪を余儀なくされた。>

 

というのがデマです。

 

私、古森義久が<カズニックの研究室から抗議を受けた>という事実はまったくありません。まして<抗議を受け、謝罪を余儀なくされた>など、デタラメもよいところです。

 

抗議とか謝罪については、その抗議を受け、謝罪をしたと称される当の古森義久が当事者として「まったくのウソです」と、ここで改めて否定します。

 

そしてこうしたデマの書き込みや掲載は古森の記者としての名誉を毀損する行為として、抗議します。

 

もしそんな事実があるというならば、このデマを書き込んだ人、あるいはそのデマを掲載した人に証拠を提示することを求めます。

 

第二の虚偽記述を以下に引用します。

 

<古森は、自身のブログにて2007年8月10日に「秋葉市長サイドに陥れられた」と表明している。>

 

古森は「秋葉市長サイドに陥れられた」と自身のブログにて2007年8月10日に表明したという事実はありません。デタラメです。

 

そもそも2007年8月10日の古森ブログのエントリーなど存在しません。

 

このデマは最も簡単にデマであることが証明できます。古森ブログにはそんな「表明」は存在しないのですから。

 

第三の虚偽記述です。

 

<一方で「古森自身による主張で何の証拠もない」とする批判もある[要出典]。>

 

秋葉市長のワシントンでの発言について古森が書いた記事などが「古森自身による主張で何の証拠もない」という記述も虚偽です。

 

「とする批判もある」というのなら、なぜその「批判」を具体的に示さないのか。こんないいかげんな記述をウィキペディア編集側はなぜ載せるのか。

 

文章の終わりに〔要出典〕と記されているのに、「出典」は書かれていません。ぜひとも「出典」を見たいですね。

 

以上、少なくとも3件のウソの記述は明らかに意図的な誹謗であり、中傷です。

 

私が原爆投下に関して、広島の秋葉市長の「平和宣言」への批判的な論評を書いていることへの報復なのでしょうか。

 

いずれにしても虚偽の記述で他人、とくに言論活動を職業とする記者の名誉や信用を意図的に傷つけることは犯罪行為でしょう。

 

この公開の場で警告と抗議を表明し、書き込み当事者と掲載当事者の責任を問います。