このブログでも取り上げた鳩山由紀夫首相が外交政策で助言を受けるとされる寺島実郎氏がワシントンを訪れました。

 

 寺島氏は三井物産の所属で、多摩大学の学長をも務めています。

 

 12月3日の夜、ワシントン市内で私の大学の同窓会があったため、その会場の中華料理店に行くと、隣の部屋に日本人が20人以上、集まって食事中で、なんとその主賓が寺島氏でした。

 

 ワシントンの限られた日程のなかで、なんでまた日本人の、しかも若者ふうの男女ばかりを集めて、のんびりと会食とは、寺島氏、これでよいのか、と、いぶかりました。

 

 あとでその寺島氏はオバマ政権側からは面会を事前に断られていたと聞き、ああ、そうなのか、と納得しました。

 

 その寺島氏の動きについての記事です。

 

 

            「誤解解く」と渡航 鳩山“特使” 米が面会拒否

 


 

 【ワシントン=古森義久】鳩山由紀夫首相の外交政策顧問とされる寺島実郎多摩大学学長が12月はじめに「オバマ米政権の鳩山首相への誤解を解く」という趣旨でワシントンを訪れたが、オバマ政権側は寺島氏との接触を一切拒否、鳩山政権への厳しい姿勢をみせていたことが明らかにされた。

 

 オバマ政権に近い米国関係筋が10日までに明らかにしたところによると、寺島氏は11月に東京の米国大使館に「ワシントンを訪問し、オバマ政権側の鳩山首相に対する誤解を正したい」という旨の協力を要請してきた。

 

 ところが米国大使館は本国政府に、寺島氏の年来の反米傾向や鳩山政権自体の混乱を理由にあげてオバマ政権の現職当局者は同氏と面談しないことが好ましいという「提案」を送ったという。

 

 寺島氏は12月冒頭の数日間、ワシントンを訪れたが、同米国関係筋は「自分たちの知る限り、寺島氏は米側当局者とは誰ひとり会わなかったはずだ」と述べた。

 

 事実、寺島氏はワシントン在住の日本人留学生や研究者約20人と長時間の懇談などを行ったものの、米側関係者との本格的な会談はないままに帰国したという。

 

 寺島氏はこれまで「対等な日米同盟」「東アジア共同体」「米国と中国の中間に立つ日本」などの主張を鳩山首相に先だって発表してきた実績があり、鳩山首相に外交政策の助言をしてきたとされている。

 

 米側の対日政策関係者の間では鳩山首相が寺島氏に影響されて、日米安保や在日米軍基地の諸問題に関して本来の姿勢よりも米国離れ、中国寄りに傾いたとする考察が強いという。

                 ========