鳩山首相の最側近だった元第一秘書が政治資金規正法違反罪で起訴されました。もう一人の元秘書も同じ罪で起訴されています。

 

それでも鳩山首相は実母からの毎月1500万円もの不正贈与をも含めて「なにも知らなかった」と主張し続けています。

 

鳩山首相のこのスキャンダルは全世界にすでに報道されました。

その報道はどんな内容だったのか。各国のメディアのなかでも、おそらく最も広範に流れるアメリカのAP通信社の東京発電をみてみました。その内容を抜粋してみます。

                      =======

 

「日本の鳩山由紀夫首相の元補佐官二人が選挙寄付金について虚偽の報告をした罪で起訴された。日本の政治に斬新で、清潔な時代を導入することを誓った指導者の約束が地にまみれた」

 

「鳩山氏は緊急の記者会見で深々と頭を下げ、補佐官たちの罪を謝った。鳩山氏は自民党の腐敗スキャンダルに終止符を打つという公約によって、権力の座に就いたのだ。鳩山氏は就任100日にして、すでに人気を落とし始めた。だが辞任は拒んでいる」

 

「日本の経済は苦しい状態にある。国民の多くは鳩山首相の景気回復策には信をおいていない。鳩山氏の温暖化ガスの大幅な削減の政策は経済界の多くを離反させてしまった。彼の減税や子ども手当、米軍基地移転などに関する公約の二転三転は有権者を失望させた」

 

「鳩山氏は野党の政治家だった時代、与党の議員の秘書が不正を糾弾された際、議員が知らないことなどありえないから、その議員は辞職すべきだ、と主張していた」

 

そしてこのAP報道は一般の日本国民の声として以下のような意見を報じています。それぞれ発言者の実名までを記しています。

 

『鳩山首相の弁解は信じられない。自分自身の財政を管理できない人間が国家の運営をどうしてできるのか。鳩山氏は首相としての必要な要件を備えていない』

 

『鳩山氏の言動は一般の勤勉な納税者たちをバカにしている。政治的な責任を速やかにとって、そぐ辞任すべきだ。これから民主党内部でも参議院選挙は鳩山首相の下では戦えないという考えから首相の辞任を求める声が起きるだろう』

 

『鳩山氏も自民党の腐敗政治家たちと同じであることがわかった。自分で不正を働き、秘書にすべての罪を押し付けているのだ』

 

                     =======