民主党の小沢一郎幹事長がアメリカ社会での黒人(アフリカ系アメリカ人という呼称もありますが、黒人という言葉自体は公式の国勢調査でも使われており、差別とはみなされません)への差別をにじませる発言をしました。

 

まず以下の報道をみてください。

 

 

【朝刊 総合・内政】
記事情報開始小沢氏が“差別的発言” 「米は黒人選んでまで、国変えようと」

 

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、那覇市内のホテルで開かれた同党の喜納(きな)昌吉参院議員(比例代表)のパーティーで、政権交代した各国の例を紹介した際、オバマ米大統領にふれ、「米国はオバマさんという黒人を選んでまで、世の中を変えよう、国を変えようと、国民は選択した」と述べた。

 黒人奴隷の歴史を持つ米国で、初の黒人大統領が誕生した意義の大きさを強調したものとみられるが、黒人に対する差別的な意味合いを含んだ「失言」とも受け取られかねず波紋を呼びそうだ。

 小沢氏は昨年11月も、和歌山県の高野山金剛峰寺を訪ねた際、キリスト教について「排他的で独善的だ」と述べ、日本キリスト教連合会の抗議を受けたこともある。

 

 小沢氏はこのとき、イスラム教についても「キリスト教よりましだが、イスラム教も排他的だ」と述べていた。

 

 また、小沢氏は27日の会合で、「私は保守の代表とみられていたが、最近は右翼からは『小沢一郎は左翼だ』と非難され、左翼からは『右翼だ』と非難される。両方から非難されるのは中道を行っているからだ」と語った。

                =======

 

この発言では「黒人を選んでまで」という表現が問題です。

 

黒人をいかにも特別視しています。ふつうなら大統領には決して黒人は選ばれない、しかしこの不況その他の深刻なトラブルがあって、ふつうなら選ばれない「黒人を選んでまで」というわけです。

差別的な感覚が明らかに漂ってきます。

 

なにしろ小沢氏はキリスト教やイスラム教を「排他的」「独善的」と誹謗した前歴の持ち主ですから。