[endif][if gte mso 9] [endif][if gte mso 10] [endif][if gte mso 9] [endif][if gte mso 9] [endif]

菅首相が北朝鮮の日本人拉致工作と関連が疑われる日本の政治組織に巨額の寄付をしていたことが次第に非難の輪を広げてきました。

 

 最初は産経新聞の報道だけだったようですが、国会でも取り上げられました。なお再三にわたって、取り上げられています。

 

 新聞やテレビが産経以外はまったく報道しないという奇妙な状態が続いていましたが、ここにきてついに読売新聞が正面から特集を組んで、報じ始めました。

 

 

 その一方、このスキャンダルは拉致の「家族会」や「救う会」「拉致議連」でも真剣に追及されています。

 

                  =======

「拉致問題」全国協議会ニュース★☆(2011.07.29)

 

 菅首相献金問題等で拉致議連 に調査委員会設置を決定−議連総会  

 

 本日、7月29日、超党派の国会議員で構成される拉致議連(平沼赳夫会長)が総会を開催した。  

 

 多数の衆参議員の他、家族会から飯塚繁雄代表、増元照明事務局 長、救う会 から西岡力会長、島田洋一副会長、平田隆太郎事務局 長が、特定 失踪者問題 調査会から荒木和博代表が、また関係省庁の担当者が参加した。

 

■菅首相献金問題等で拉致議連に調査委員会設置を決定−議連総会  予定された議題の前に、松原仁議員(議連事務局長、民主党) から、菅総理の 献金問題が提起され、拉致問題対策本部の本部長である菅総理の政治資金団体が、 北朝鮮と深い関係を持つ団体に6250万円を寄付していたことにつき、議連としての対応を提起した。    

  

 これに対し、長島昭久議員(民主党)から、真相を究明するための調査委員会を議連内に設置する提案がなされた。    

 

 これに関し、向山好一議員(民主党)は、「我々が訪米し、日米連携の努力をしたのと逆行するもので間違ったメッセージとなりかねない。拉致と関係がある団体に、最高責任者である首相が資金提供したことは万死に価する」と 述べた。  

 

 

また、中井洽・前拉致問題担当大臣の北朝鮮との接触についても真相を究明すべきと述べた。  

 

 

 塚田一郎議員(自民)は、菅総理は拉致問題対策本部長の資格 がない。中井 前大臣の対北接触も我々が訪米したことに逆行すると述べるなど、賛成の意 見が多 数述べられ、異議なく調査 委員会を設置することとなった。  

 

 次に、平沼会長から、訪米報告がなされた。

 

 米国では、政府を中心に北朝鮮に 食糧支援を行おうとしている動きがあることから、食糧支援に反対であること、 北朝鮮のような国家への食糧支援は政権延命にしかならないことを伝えたとの報告がなされた。

 

 また、拉致問題の解決なくして国交正常化して も大使館を置かないとか、北朝鮮へのテロ支援国家再指定が盛り込まれた新法を提出したロスレイ ティネン下院外交委員長との 面会が非常に有意義だったこと、12月の北朝鮮人 権週間の時期 に政府と共に招聘することを申し出、検討することを約束してくれ たことが紹介された。  

 

 さらに、ダニエル・イノウエ上院歳出委員長に面会した際、「政 府と一体となった問題提起か」と聞かれ、今回東祥三副大臣(拉致問題担当)が参加してくれ、 「そうだ」と言ってくれたことで、 彼は非常に重く受け止め、同僚議員にも連絡 すると約束してくれ たことなどが報告された。

 

 東副大臣からも、政府、議連、民間が一致団結して取り組んで いるとのメッセー ジを発することができ、成果があった、と述べた。     

 

 西岡・救う会会長から、北朝鮮が「調査のやり直し」を破棄して満3年になる9月4日に、家族会・救う会・拉致議連で緊急国民集会を行いたいとの提起があり、拉致議連の共催が異議なく承認された。  

 

 また、西岡会長から、菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致 事件容疑者の息子が所属する政治団体から派生した団体に多額の献 金をしていた問題で、実行犯の息子だから問題なのではなく、よど 号犯関係者の子弟20人は、朝鮮労働党 のダミーとして作られた自 主革命党のメンバーで、日本で暮らしながら、金正日の日本革命テーゼに従い、労働党の工作機関の指示で、今も活動し続けている疑いが強いこと、今まで拉致問題についていっさい協力をしていないことが問題、 と述べた。 以上 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ■菅首相にメール・葉書を 首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。 下記をクリックして、ご意見を送ってください。 [PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html [携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON 葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 菅 直人殿 ■救う会全国協議会ニュース 発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会) TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp 担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp) 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905 カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会 みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎