さあ始まった民主党の代表選、ここでも真の主役は小沢一郎氏のようです。

 

 候補の中で小沢氏のお墨付きを得た海江田万里氏の小沢べったりぶりはすでに露骨です。合同記者会見でも小沢氏を政権中枢に迎えいれる、いや、小沢氏の主導を前提としたいような言辞が明白でした。小沢氏の党員資格停止の解除には海江田氏の積極姿勢ははっきりしていました。

 

 現段階の票読みでは海江田氏が優位だとか。

 このままだと小沢支配の傀儡政権が海江田首相の下に結成されることになりそうです。

 

 その先に予測されるのは小沢一郎首相の登場のようです。

 

 このへんに現時点での光をあてた産経新聞の記事を紹介します。

 

【朝刊 1面】
【激突】「真の目標は小沢首相」

 

 「朝からご苦労さん。みんなで頑張ろう!」

 27日午前、海江田万里経済産業相の選挙対策本部が置かれた都内のホテル。前触れもなく姿を現した小沢一郎元代表は相好を崩した。ほどなく鳩山由紀夫前首相も登場し、稲荷(いなり)ずしと太巻きを振る舞った。

 だが、そんな「小鳩」の気遣いも陣営に漂う冷めた空気は吹き飛ばせない。海江田氏は、小沢氏が消去法の末に選んだ「次善の次」程度の候補にすぎないからだ。

 鳩山氏もかねて「菅直人内閣の現職閣僚は絶対支持できない」と明言してきただけにバツが悪い。しかも鳩山氏側近の大畠章宏国土交通相と中山義活経産政務 官は、鹿野道彦農林水産相の推薦人に堂々と名を連ねた。鳩山氏は自ら電話作戦を敢行してみせたが、これでは小沢シンパがいつものガッツを見せるはずもな い。

                   ◇

 そんな中、ひそかな合言葉が生まれた。「真の目標は来年の小沢首相誕生だ」。小沢氏側近は、政治資金規正法違反事件で小沢氏は来春にも無罪を勝ち取ると踏む。そこから来秋の代表選に向け、復権の足がかりを作るには海江田政権を作るしかないという理屈なのだ。

 小沢氏もこのシナリオは重々承知している。26日夜、都内のイタリア料理店で女性議員約15人が「なんで海江田さんなんですか?」と詰め寄ると、小沢氏はこう答えた。

 「俺のためだ。そう思ってやってくれよ!」

 合言葉はジワジワと浸透し、小沢系のエンジンもかかり始めたが、この戦術はもろ刃の剣でもある。海江田氏が「小沢氏復活劇の前座」にすぎないとなれば中 間派の取り込みは難しくなる。海江田陣営の票読みでは「優勢だが過半数に届いていない」だけに決選投票を見据えるとどんでん返しも十分ある。

                   ◇

 大きな誤算もあった。海江田陣営は、前原誠司前外相が第1回投票で2位になると読み「それならば決選投票で鹿野票を取り込めば負けることはない」と踏んでいた。

 ところが、前原票は予想外に伸び悩み、鹿野氏が2位になる可能性が出てきた。そうなると前原氏や野田佳彦財務相ら「反小沢票」が鹿野氏に流れ、「2 位~5位連合」に海江田氏が敗れることも十分あり得る。小沢氏は27日夕にも選対本部に顔を出し「気を緩めずに頑張れ!」とハッパをかけたのもうなずけ る。

 前原氏が失速したのは、外国人からの違法献金問題がなおくすぶっていることが大きい。27日の記者会見でも献金問題に関する質問攻めに遭い、前原氏の笑顔は吹き飛んだ。

 「もうこれ以上、説明するつもりはないからな!」

 会見後、前原氏は周囲にこう毒づいたが、首相になればこの程度の追及では済まない。

 27日夜、前原氏はインターネット番組に出演したが、これも裏目に出た。視聴者のツイッターは「引っ込め」など誹謗(ひぼう)中傷がほとんど。暴力団と の会食疑惑を指摘する書き込みもあり「暴力団と飲んだなんてことはないですよ」と釈明に追われた。陣営幹部は厳しい表情で漏らした。

 「中間派議員に電話しても留守電ばかり。かなり深刻な状態だ…」(坂井広志)