最近、読んで、すごくおもしろいと思った警察小説の紹介です。

 

『世田谷駐在刑事』(濱嘉之著 講談社刊)です。

タイトルからだと内容があまり連想できませんが、警察小説としてはとにかく読ませる作品です。

 

著者の濱氏は警視庁の警視まで勤めた警察官出身です。彼の本は『警視庁情報官 ハニートラップ』(講談社文庫)も、すでにこの場で紹介しました。

  

 

 

内容説明

警察の全てを知る著者が放つ「超」刑事小説東京・世田谷。高級住宅街のど真ん中に、その「駐在所」があることはあまり知られていない。さらに、その駐在員がマル暴刑事の「全国指導官」であることも――。
 

内容(「BOOK」データベースより)

警察小説史上類を見ないヒーローが誕生した!その「駐在員」が、全国屈指の暴力団捜査のエキスパートであることはまだ知られていない―警察のすべてを知る著者が放つ「超」刑事小説。

 

 

内容はとくに詳しく紹介しませんが、とにかく警察の組織や捜査の実態を知るうえで参考になります(たとえフィクションでも)。