北朝鮮の金政権による日本人拉致事件の実態に新しい光を当てる本が出版されました。

アメリカの「北朝鮮人権委員会」がさきに公表した報告書の日本語版です。
http://www.ch-sakura.jp/images/publications/bookphotos/ratihoukokusyo.jpg

 横田めぐみさんらなお拉致されたままになっている不幸な日本国民、そして北朝鮮が同じように拉致していた他国の多数の国民の解放を願い、その願いを実現するためにも、ぜひいま「拉致問題」がどんな状況にあるかを知る必要があります。

日本国民のできるだけ多くに読んでほしい書です。

「救う会」や「家族会」がこの書の作成にあたったチャック・ダウンズ氏を招いて、講演会を開きました。

そのお知らせが以下です。

                  =======

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2011.11.11)チャック・ダウンズ氏らが講演-ワシントン・北朝鮮人権委員会報告書出版シンポジウム

 本日、11月11日、衆議院議員会館において、拉致議連主催、家族会・救う会・調査会と志士経営者倶楽部が後援するワシントン・北朝鮮人権委員会報告書出版シンポジウムが開催された。

 平沼赳夫・拉致議連会長等衆参議員20数名が参加した他、家族会・救う会・調査会など300名以上で会場が満席となった。

■チャック・ダウンズ氏らが講演-ワシントン・北朝鮮人権委員会報告書出版シンポジウム

 シンポジウムは、『ワシントン北朝鮮人権委員会 拉致報告書』の出版を記念するもので、北朝鮮人権委員会事務局長で、元米国防総省朝鮮半島分析官のチャック・ダウンズ氏と偵察衛星による北朝鮮映像分析の第一人者であるカーティス・メルビン氏が講演した。

 今年5月に、米ワシントンで出版された英語による初の拉致報告書「北朝鮮による外国人拉致犯罪報告書「Taken!」が話題になり、日本でも出版されることになったもの。

 北朝鮮人権委員会は米国の各界の専門家によって作られ、北朝鮮の人権問題に着目するNGOで、既に政治犯収容所に関する脱北者の聞き取り調査報告書等を出版している。

 チャック・ダウンズ氏は、強制的であれ、自由意志であれ、移動の自由も言論の自由もない北朝鮮に抑留された人々はすべて拉致と考えるべきだと述べた。そして、朝鮮戦争中に専門家2万人を含む約8万3千人が拉致され、帰国事業として在日朝鮮人と日本人妻約9万3千人が拉致された他、世界14か国から約18万人が拉致されたと述べた(図書巻末の拉致被害者一覧では180,108人としている)。また、独裁政権下の2千万人の北朝鮮人民も解放されるべきだと述べた。

 さらに、米国人デイビッド・スネドン氏が拉致されていることも紹介した。今回の出版では、スネドン氏の両親のインタビューも新たに掲載されている。

 カーティス・メルビン氏は、衛星画像を用いて、拉致被害者が教官となっていた金正日政治軍事大学やその近くの居住地、よど号ハイジャッカーの革命村などを紹介した。

 図書については救う会ホームページをご参照ください。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)