私の新著の書評が本日の産経新聞に掲載されました。

 

 評者は田久保忠衛氏です。

 

 この評での最大のメッセージは日本がこの隣国の異様な大軍拡を直視して、その意味を考え、その対策を論じよう、という訴えのようです。

 

 

 

 

【朝刊 読書】


【書評】『「中国の正体」を暴く』古森義久著


 

 

 

 □『「中国の正体」を暴く アメリカが威信をかける「赤い脅威研究」の現場から』

 

 ■軍事力増強を外交力に連動

 

 人間の通性だと思われる。とりわけ戦争などの恐ろしい被害に遭った人々は、恐怖の正体を見たくない、聞きたくない、論じたくないと本能的な拒否反応を起こす。これを話題にする向きはタカ派と切り捨てられる。

 

 中国の軍事大国志向は何も最近始まったことではなく、毛沢東以来一貫してきたにもかかわらず、「装備、兵器は遅れていて大したものではない」と見くびっ てきた。経済力を背景に誰の目にも軍事力の突出が明らかになってくると、「透明度が不足している」といかにもわけ知り顔で解説する。日本の周辺に艦艇、航 空機が出現するに至っても中国を刺激してはいけないとの「配慮」から軍事的脅威と明言するのを避けてきた。

 

 著者は日本で明確化されていない「中国の軍事的脅威」の正体を米専門家との直接インタビューで暴いてみせた。マイケル・ピルズベリー国防総省相対評価局 顧問、リチャード・フィッシャー国際評価戦略センター主任研究員ら日本で名前を知られている専門家12人の見解を分類し、ときには同じ脅威認識の濃淡にま で触れている。

 

 ようやく日本のジャーナリズムでも取り上げられるようになった中国の軍事力ではあるが、海軍力に重点が傾き過ぎている。本書に登場する米専門家の目は海 軍力はもちろん、陸軍力、空軍力、ミサイル戦力を含み、さらに核戦略、海洋戦略、宇宙戦略、サイバー攻撃など広範に及んでいる。

 

 宇宙、サイバーを含めたあらゆる分野の軍事力強化の大目的は何であろうか。有形無形の台湾攻略が当面の目標と指摘する向きは多いが、いまの軍事力増強は それを上回っている。軍事力の増強をそのまま露骨に外交力に連動させる古典的な戦略を信奉している特殊な国が中国だ-と割り切るほかない。

 

 戦後体制に手を着けようともせず、制服幹部が個人的に発表した作文がシビリアンコントロールに反するかどうかで騒いでいる国にとっては理解不能であろう。重大なテーマを暗示した書だ。(小学館101新書・756円)

 評・田久保忠衛(杏林大学名誉教授)

                         =======

http://www.matuda.saloon.jp/plc11092802460003-p1.jpg