北朝鮮の金政権の弾圧から逃げてきた人たちを中国政府が北朝鮮への強制送還しようとしています。この送還自体が人権弾圧となります。

 

韓国の一部国会議員が抗議し、それに呼応して日本でも拉致問題の「救う会」などが抗議の声をあげました。

 

しかし日本の一般の人権擁護団体は沈黙を保ったままです。

中国政府が相手となると、人権弾圧も批判はできないのでしょうか。

http://img.47news.jp/47topics/ningenmoyou/images/k1_p2.jpg

 

                       ========

 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.02.27)脱北者の北朝鮮への強制送還中止を求める日本NGO緊急声明

中国政府による脱北者の北朝鮮への強制送還に抗議して、韓国の朴宣映(パク・ソンヨン)議員が、在ソウル中国大使館前で、この寒い中、無期限断食座り込みをしています。本日2月27日で7日目です。朴議員の捨て身の行動により、このところ韓国の新聞でもこの問題が連日大きく報道されています。韓国政府も重い腰を上げて外交努力をしているようです。

救う会の西岡会長がたまたま訪韓中で、2月26日午前、在韓中国大使館前の教会の敷地にテントを張って無期限断食座り込み中の朴議員のところに激励に行たところ、毎日午後2時から抗議集会をしているので、そこで挨拶をしてほしいとの要請を受けて、午後再びそこに行って路上集会でマイクを握り挨拶をしてきました。

脱北者問題は、北朝鮮による人権侵害問題として拉致問題と共有する問題であるだけでなく、家族会・救う会は多くの情報を脱北者から得ており、また脱北者がソウルで行っている自由北朝鮮放送でも、毎週拉致問題の訴えをしてきました。

以下は、北朝鮮関連6団体による共同声明の全文です。

■脱北者の北朝鮮への強制送還中止を求める日本NGO緊急声明

現在、中国では数十名から数百名に及ぶ脱北者が不当逮捕され、本人の意志に反して北朝鮮に強制送還されかねない状況にあります。韓国では連日抗議集会や、国会決議、そして国会議員の中国大使館前断食座り込みなどが行われています。

 

  2月21日から断食座り込みを行っている朴宣映議員は拉致問題にも深い関心を示してきた方です。UNHCRもこの事態に対し、中国に脱北者の身辺保護を要請しています。しかし、中国政府は現在まで、彼らを不法入国者として北朝鮮に強制送還する姿勢を変えていません。

私たちは脱北者たちの生命と人権を守るために、彼らの北朝鮮への強制送還に反対し、韓国における中国政府への抗議行動に自由、民主主義、人権という普遍的価値を共有する隣国として連帯の意志を表明します。

脱北者たちは、北朝鮮に送り返されれば、強制労働、拷問、場合によっては処刑が待ち受けている危険性があります。特に金正日死亡から100日間の哀悼期間である今日、「裏切り者は3代を滅ぼせ!」と上から指示が下ったという情報も伝わっています。

中国政府は、脱北者は不法入国者であって難民ではないと強弁しています。帰国すれば政治的理由で拷問、処刑される可能性が高い脱北者は国際法上の難民の地位を所持していることは自明です。難民としての地位が確認されれば、中国政府が彼らを保護する責任があります。たとえ難民資格がないという中国政府の立場に立ったとしても、「不法入国者」を強制出国させるときには本人の意思と受け入れ国の同意を確認した上で出国先を決めるのが文明国としての最低の義務です。

脱北者の中には韓国に親族がすでに生活している者もおり、また韓国憲法では彼らは皆韓国国民として保護されるべき存在です。韓国政府が彼ら脱北者を受け入れる姿勢を示している現在、彼らが北朝鮮ではなく、希望する韓国に行く権利は法的にも人道的にも正当なものであり、中国政府は彼らの意思を尊重しなければなりません。現実に、中国以外のいくつかの国家では、脱北者を仮に不法入国者として逮捕しても、彼らの意思を確認した上で、希望する国への出国を認めています。中国政府が強制送還を続けることは、中国の文明国家としての名誉を深く傷つける行為です。

日本人拉致問題について日本政府は国際社会に対して、人権尊重の立場から解決への協力を求めています。そうであればこそ、脱北者問題についても日本政府は普遍的人権の立場からできることをしなければなりません

私たちは以下のことを中国政府及び日本政府に対し訴えます。

1.中国政府は、現在拘束している脱北者の北朝鮮への強制送還を即時中止してください。

2.中国政府は、脱北者の安全を保障し、脱北者受け入れを表明している韓国政府と連携して、彼らを韓国に移送してください。

3.日本政府は、北朝鮮人権法の精神と人権の尊重という普遍的価値観に立脚して、中国政府に脱北者の北朝鮮送還を中止するように求めてください。

2012年2月27日

北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 代表 三浦小太郎
北朝鮮難民救援基金 理事長 加藤 博
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 西岡 力
特定失踪者問題調査会 代表 荒木和博
NO FENCE(北朝鮮強制収容所をなくすアクションの会) 共同代表 小沢木理・砂川昌順

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]https://www.kantei.go.jp/k/iken/im/goiken_ssl.html?guid=ON

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆