中国の次期指導者たちの分析をアメリカがもう始めています。

台頭する大国の新指導者たちは対外的にどんな態度をとるのか。とくにアメリカに対してはどうなのか。

 

こんな読みがもう真剣に始まっているわけです。

                              =======

  [endif][if gte mso 10] [endif][if gte mso 9] [endif][if gte mso 9] [endif]

クリックすると新しいウィンドウで開きます

〔ワシントン=古森義久〕

 米国議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」は23日、中国共産党の次世代指導者たちを分析する報告を公表し、習近平氏をはじめとする新指導層は米国に対しても実務能力を高め、自信に満ち、民族主義的志向の強い姿勢をとるだろうとの予測を打ち出した。

 

 米国では政府、議会から民間まで2012年に予測される中国の最高指導層交代に真剣な関心を向けており、同報告その表れの一端といえる。超党派の同調査委員会専門スタッフが作成した同報告は「中国共産党と新登場する次世代指導者たち」と題され、いま確実とされる習近平氏の共産党総書記就任や同党政治局常務委員会の異動がどのような対外政策、対米政策につながるかをも占っている。

 

 同報告は習氏が「太子党」や「上海閥」の強い支持を得て最高ポストに就くことを予測する一方、メンバー9人のうち7人が交替する同政治局常務委員会では胡錦濤現総書記に近い「共青団派」が力を発揮するとの見通しを強調した。

 

そのうえで同報告は習氏を中心とする第五世代指導者たちの特徴として

 

①当初の数年は劇的な政策変更はしないが、現世代よりも教育水準も行政の実務能力も高く、国際的視野も広い

 

②同時に共産党への忠誠や共産主義イデオロギーへの信奉が強く、中国の民族主義をも強く反映して、外部世界や米国をみる際の自他の区分が厳しい

 

③若い時期から共産党エリートとして育ったために優越意識や特権意識が強く、対外関係への取り組みにも反映されかねない

 

―ことなどを指摘して、米国にとっても手ごわい相手と位置づけている。

 

習近平氏自身について同報告は同氏が江沢民、曾慶紅前正副国家主席に対し多様なアプローチで支持を勝ち取ったことを詳述する一方、胡錦涛氏との協調の巧みさから「太子党ながらも共青団派からの支持も強い」とも評した。

 

習氏自身の対米姿勢に関して同報告は

 

①米中関係の重要性を公式言明で再三、強調してきた

 

②娘が米国の有名大学に入ったとみられる

 

③しかしその一方、人民解放軍の将軍で米国敵視で知られる劉源氏ときわめて親密とされる

 

―ことなどから大ざっぱな断定は難しいとして、習氏は米国に対し多層な態度をとるだろうとも予測した。

クリックすると新しいウィンドウで開きます