中国がこれから尖閣奪取にどんな手を打ってくるか。

 

 アメリカの情報関係者たちの観測を改めて紹介します。

 

 中国軍は無人機を尖閣に向けて飛ばしてくる、というのです。

 

 日本ビジネスプレスの「国際激流と日本」からです。

 

 下は中国の無人機の写真です。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 原文へのリンクは以下です。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36373

国際激流と日本

尖閣空域に中国の無人機が飛んでくる

日本の譲歩を求めて海から空から威嚇

 

 

 

 

                            =======

 尖閣諸島を自国領として日本から奪取しようとする中国の戦略意図はますます明確となってきた。中国が今後ともあの手この手で日本を威嚇し、圧力をかけて領有権での譲歩を求めてくることは確実である。

 

 日本側としては、尖閣諸島を放棄してしまうという道を選ばない限り、中国との間では「永遠の摩擦」を覚悟して対処するしかない。この「永遠の摩 擦」という言葉は米国の海軍大学付設の「中国海洋研究所」のピーター・ダットン所長が尖閣問題での日本の立場を評して使った表現だった。こうした表現に象 徴されるように、米国でも尖閣を巡る日本と中国との対立に真剣な関心が向けられている。

中国軍が尖閣に迫ってくる可能性はあるか

 

 中国の今後の尖閣問題へのアプローチには、当然、軍事的な動きが含まれる。軍事だけが尖閣攻略のすべての方法ではないことは明らかだが、軍事がいつも主要な要因であり続けることも明白だと言える。

 

 いまのところ米国の専門家たちの間では、中国は尖閣諸島に向けての正面からの軍事力の行使は避けるという見方がコンセンサスに近くなっている。

 

 中国が軍事手段を当面は選ばないという理由は、日本側の防衛力が強固であり、尖閣周辺の局地戦では中国軍にはとうてい勝ち目がないことが最大だと されている。また、米国が同盟国として日本が尖閣への攻撃を受けた場合には軍事支援する方針を言明していることの比重も大きい。

 

 とはいえ、今後、中国がなんらかの形で軍事力を使って尖閣に迫ってくると見通す米国専門家も、極めて多いのである。現に中国人民解放軍は10月 19日にも東シナ海で東海艦隊などの艦艇11隻を投入して、尖閣対策であることが明白な合同演習を実行した。今後も中国海軍の艦艇による尖閣周辺海域の航 行など軍事行動が予測される。

 (つづく)