中国の対外プロパガンダは大規模です。

とくにアメリカが相手だと、国家の総力をあげるという感じです。

その対米政治宣伝の中核は「孔子学院」という組織です。

アメリカの各大学の内部に中国政府が資金を出した「教育施設」ができるのです。

日本の大学にも孔子学院は存在します。

 

いまその孔子学院に対し、アメリカの大学教授たちが闘いを挑みました。

 

日本ビジネスプレス「国際激流と日本」からです。

 

原文へのリンクは以下です。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41296

国際激流と日本

米国の大学を侵食する中国の「孔子学院」全米最大級の教授組織が抗議声明

 

                                                                   +++++++++++++

 中国政府の海外宣伝・教育機関「孔子学院」の活動に対し、ついに米国の大学教授たちからストップがかかった。

 

 孔子学院は米国の100近くの大学の内部に、中国政府機関の資金によって設置された。中国語や中国の歴史・文化を米国の学生に教えることを目標と する。米国での活動はどんどん勢いを増し、これまでもたびたび論議を呼んできた。日本でも一部の大学に孔子学院が開設されている。

 

 米国の各大学の教授たちが組織する「米国大学教授協会」は、6月末、以下のような声明を正式に採択した。

 

 「孔子学院は中国の国家の一機関として機能し、学問の自由を無視する行動を取ることが多い。一方、米国の大学当局は学問の誠実性を犠牲にするよう なパートナーシップを外部の機関と結ぶことがしばしばある。孔子学院の開設を学内に許してきた米国の各大学は、孔子学院との関係を再検討する必要がある」

 

 米国大学教授協会はこの声明を、シカゴ大学、ニューヨーク大学、スタンフォード大学、コロンビア大学など全米合計100近くの大学に伝えた。これら100近くの大学は、すでに孔子学院を自校内部に開設することを認めていた。

 

 この公式声明によって、孔子学院の活動がすぐに停止にはなるわけではない。だが、正面から「待った」がかかったことになる。

米国の大学内で中国の立場を主張

 孔子学院は2004年に中国政府によって開設された。

 

 孔子学院の総本部は、中国政府の教育部(教育省)直轄の組織「中国国家漢語国際推進指導グループ弁公室」(略称・漢弁)である。中国当局はこれま でに約5億ドルの国家資金を投入して各国の大学の内部に「孔子学院」を教育センターとして設立した。

 

 2014年7月までに、孔子学院は全世界で約400、 米国では九十数カ所が開設された。日本でも立命館大学、早稲田大学、桜美林大学など約20大学に開かれたという。

(つづく)