日本の戦後最大の危機をどう乗り越えるか。

 

中期的、長期的には安全保障面で正常な国になること。

そのためには憲法改正は避けて通れません。

 

その憲法改正の必要性や意義や手続きについての良書が出ました。

 

田久保忠衛氏の「憲法改正、最後のチャンスを逃すな!」です。

 

内容紹介

戦後70年、いまだに日本はGHQから与えられた憲法を後生大事にしている。憲法制定の経緯を知れば屈辱以外のなにものでもない。
とりわけ前文はいいかげんで、第九条は現実離れしている。改憲の機会は何度もありながらそれをしなかった。
いま日本は戦後はじめての大きな危機に直面している。
ひとつは軍事的膨張を続ける中国の脅威であり、さらに重要なのは戦後一貫して安全保障の命綱だった米国の威信が低下していることだ。
化石のような憲法を早く脱ぎ捨てないと日本は生き延びられない。
国際情勢の変化が現憲法をまったく無意味にしているのだ。

いまこそ日本人自らの手で憲法を改正すべきである。
改憲によって日本を取り戻す以外に方法はないのである。
 

著者について

田久保忠衛(たくぼ・ただえ)
杏林大学名誉教授。昭和8(1933)年千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、昭和 31(1956)年時事通信社に入社。ハンブルク特派員、那覇支局長、ワシントン支局長、外信部長などを務める。平成4(1984)年から杏林大学社会科 学部(現、総合政策学部)で教鞭をとり、平成22(2010)年より現職。平成17(1993)年に博士号取得。平成8年には第12回正論大賞受賞。
専門は国際政治。産経新聞「国民の憲法」起草委員会委員長。国家基本問題研究所副理事長。
著書は『アメリカの戦争』『戦略家ニクソン─政治家の人間的考察』『新しい日米同盟』『激流世界を生きて─わが師 わが友 わが後輩」など多