朝日新聞の真実を知らせる良書の紹介です。











内容紹介

朝日新聞の「慰安婦捏造報道」により、日本は国際社会から「性奴隷国家」と呼ばれるに至り、日本人の名誉は著しく毀損されている。いったいなぜ、朝日新聞 は無かった「慰安婦狩り」を鬼の首でもとった様に報道し、誤りが判明しても20年以上訂正しなかったのか。 なぜ、朝日新聞はこれほどまでに日本を貶めたいのか。本書は1992年以来、朝日新聞の慰安婦捏造報道と真正面から戦い続けてきた著者による渾身の記録で あり、その真相に迫る一冊である。 【本書の目次】 はじめに/第一章 捏造記事が生んだ取り返しのつかない負の遺産/第二章 朝日新聞との22年にわたる論争/第三章 暴かれた「聞き取り調査」の杜撰さ/第四章 再び、朝日新聞に問う/第五章 日本の謝罪外交を批判する/第六章 韓国の「反日」の正体を解剖する/終章/巻末資料 幻の「外務省反論文書

出版社からのコメント

一貫して朝日新聞の「慰安婦捏造報道」を追及し続けてきた著者は、「慰安婦は存在したが、何か解決すべき課題が残っているという意味の慰安婦問題は存在し なかった」と冷静に指摘しつつ、日本を貶めた朝日新聞の責任を厳しく追及する。本書は、西岡力氏の22年間にわたる戦いの記録であると同時に、問題の本質 を理解するために欠かせない資料、情報が満載された一冊である。