北朝鮮による日本人拉致事件はなお解決をみていません。
安倍政権でこそ解決するという誓いはどうなるのか。

「家族会」と「救う会」が合同で新しい運動方針を発表しました。
「もう我慢できない!」、そしていまや「最終決戦のとき!」という
スローガンがまず打ち出されています。

その方針の内容を以下に紹介します。

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2015.03.01)家族会・救う会新運動方針

本日、都内で家族会・救う会合同会議が開催され新運動方針を決めた。

          家族会・救う会 今後の運動方針
      最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!(27.03.01)


 我々は昨年(平成26年)2月の合同会議で「もう我慢できない。今年こそ結果を
!」という運動方針を決めた。しかし、昨年中に被害者を取り戻すことは出来な
かった。認定被害者らの北朝鮮抑留は40年近くなった。なぜ未だに助けられない
のか、無念でならない。

 曽我ひとみさんは毎晩月や星を見て、いつ日本から助けが来るだろうかと思っ
ていたと述懐しているが、今も抑留され続けている多くの被害者も同じ気持ちで
助けを待っているはずだ。日本の家族も昨年1月に松木薫さんの母、5月に田口八
重子さんの兄、8月に市川修一さんの父が相次いで亡くなった。特定失踪者家族
も相次いで亡くなっている。家族会メンバーで親の世代は5人になってしまった。
北朝鮮に抑留されている被害者ら、そして日本で待っている家族の我慢も限界を
超えている。

 ただし、制裁と国際連携で金正恩政権を実質的な交渉に引き出すという我々の
戦略は間違っていない。北朝鮮は政権を維持するために必要な外貨の枯渇を迎え、
張成沢処刑に象徴されるように内部矛盾が高まっている。安倍政権の積極的働き
かけもあって、国連調査委員会(COI)が拉致を含む人権侵害を強く非難する報告
書を作り、国連総会が責任者の国際刑事裁判所訴追を求める決議を行うに至った。

 その結果、北朝鮮は解決済みと言っていた拉致問題を議題とする日朝協議に応
じざるを得なくなった。しかし、一部制裁の先行解除、結果が出ないのが分かっ
ていながらの訪朝団派遣、期限を切らなかったことなど、政府の姿勢に疑問もあ
った。

 そもそも、拉致被害者に関する「再調査」などする必要がないはずだ。官房長
官が発言したように被害者のリストはすでに金正恩氏のもとにある。全員返すと
いう決断をするかどうかが問題の核心だ。いわゆる再調査委員会が報告を遅延さ
せているため、報告をいつ出すのかが焦点となりがちだが、我々は基本に戻り、
全ての被害者をすぐ返せと要求する。特に、生きている被害者を傷つけて「証拠」
を捏造する暴挙を行うなら、日朝関係は最悪になる。救う会はこの間、被害者の
確実な生存情報を入手していると伝えておく。

 我々は金正恩政権に、これ以上被害者抑留を続けるなら日本国民の怒りは限界
を超え、制裁の再発動や強化を求めるための一大国民運動を起こすと警告する。
いまこそ、全被害者を取り戻す最終決戦のときだ。
 家族会・救う会は、北朝鮮が被害者抑留を続けながら時間稼ぎをしていること
に満腔の怒りを覚える。我々は、「最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を
!」という運動方針の下、全力で戦う。
 家族会・救う会は今年を「最終決戦のとき、不退転の決意で全員救出を!」と
いう運動方針の下、

「北朝鮮が拉致を認めて10年以上。生きているのになぜ助けられない!」
「政府は、全勢力を傾けてすべての拉致被害者を早急に救出せよ!」
「制裁と国際連携ですべての拉致被害者を救出しよう!」
というスローガンを掲げて、
「金正日死亡による北朝鮮政権弱体化を最大限活用せよ!」
「いまこそテロ国家北朝鮮に全面制裁を!」
「圧力を背景にした主体的交渉で全員救出せよ」と訴え、
救出への世論を盛り上げる活動を継続していく。

(つづく)