韓国の「反日」メカニズムが米国で明らかに

本当は北朝鮮に向かうはずだった矛先

2015.7.1(水) 古森 義久



朴大統領は米国に仕える「売春婦」、北朝鮮が中傷



   米国でも韓国の「反日」の正体が明らかになってきた。ソウルの大統領府で共同記者会見に臨む朴槿恵韓国大統領とバラク・オバマ米大統領(2014年4月25日撮影、資料写真)。(c)AFP〔AFPBB News

 

   日韓関係の真実が国際舞台でようやく浮かび上がってきたと言うべきだろうか。


  現代の日韓関係の最大の特徴といえば、やはり韓国側の徹底した反日傾 向だろう。


  その反日とはなんなのか、どんな理由によるのか。


  その謎に日韓だけではなく米国という超大国からも光が当てられるようになった。


  この新たな動き は、最近の韓国の対日姿勢の軟化を説明することにもなる。

  「韓国の反日の原因は歴史問題だけによるのではない」


  「韓国の官民の反日傾向は病理的なオブセッション(強迫観念)」


  ──こんな辛辣な分析が米国人学者により発表され、ワシントンの対アジア、対日韓関係の専門家たちの間で熱い注目を集めている。

 

  論文を発表したのは、オハイオ州立大学で政治学の博士号を取得し、現在は韓国の釜山国立大学で准教授を務める米国人政治学者ロバート・ケリー氏である。


  論文は、この6月にアジア外交雑誌の「ディプロマット」に掲載された。

 

  ケリー氏は別の論文で、「韓国の抗議にはもううんざり」という日本の「韓国疲れ」がワシントンにも広まったという現状を指摘している(本連載の「米国もとうとう『韓国にはうんざり』」でも詳しく伝えた)。


  そのケリー氏が韓国の年来の反日姿勢をさらに鋭く分析する論文を発表したのだ。


 この論文は、韓国の反日ぶりがあまりに極端だとするワシントンの最新の認識ともつながっている。


  朴槿惠政権が日本への態度を軟化させているのも、そうした米側の対韓態度の硬化が要因となったことは明白である。

(つづく)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ