国際  投稿日:2015/7/19

[古森義久]【統合幕僚長、中国人記者の挑発を一蹴】〜安保法制の目的は「日米同盟の強化」〜


古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」

執筆記事プロフィールBlog

ワシントンでの報道活動の楽しみの一つは、日本でなら簡単には会えない日本各界の枢要人物に頻繁に接する機会があることだ。ついこの7月16日には自衛隊 の制服組のトップの河野克俊統合幕僚長の話しを聞くことができた。河野幕僚長が日本の安保法制に関する中国人記者の誇大な非難の質問をさらりと切り返した のがとくに印象的だった。


河野幕僚長は米軍のマーチン・デンプシー統合参謀本部議長の招待で7月12日からアメリカを公式訪問し、16日にはワシントンの大手研究機関の戦略 国際問題研究所(CSIS)で講演した。「日米同盟の推移と前進」というタイトルで、日本を囲む安全保障状況が主体、河野幕僚長は北朝鮮の核とミサイルの 脅威や中国の大規模な軍拡による日本への重圧について明確に語り、同盟国のアメリカとの連携強化についても説明した。


司会役は元国務副長官のリチャード・アーミテージ氏が務め、質疑応答を進めた。その過程で中国の「上海メディア・グループ」の所属を名乗る若い女性が事前に紙に書いた質問を読みあげた。


「安倍政権の安保法制案の真の目的は中国脅威論をあおり立て、日本の軍事活動への制約をなくして、アメリカの支配のカセをも取り除くことだという認識にあなたは同意しますか」


中国政府の主張を一応、質問の形にしたプロパガンダ的な発言だった。しかも英語がわかりにくく、河野氏についていた通訳も最初は意味が理解できず、 繰り返しを求めたほどだった。ワシントンでは中国や韓国のメディアが自国の政府を代弁するようなこの種の質問や発言をすることが多いのである。


さてこの質問に対し河野幕僚長は次のようにすぐ答えたのだった。


「いえ、同意しません。安保法制案はいま審議中なので、コメントを控えるほうがよいのでしょうが、この法制の理由は日米同盟を強化することです」


安保法制の目的はただ一つ、日米同盟を強くすることにある、という回答なのだ。この簡潔な答えに中国人記者も黙ったままだった。しかしこの「質問」 は日本の日米同盟強化策をなんとか阻止したいという中国政府の本音を期せずしてあらわにしていた。こと日本の安全保障に関しては中国の反対することはだい たいは日本にとってプラスになるというのが近年の現実だといえる。日米共同のミサイル防衛などはその典型だった。


しかし中国側の政治的意図の露骨なこうした発言をさらりとかわし、ごく簡単に反撃までを発した河野幕僚長のまさに対応はあざやかだったといえよう。