世界記憶遺産「南京大虐殺」登録は日本の失態~ユネスコがどんな組織か知らなかったのか?

2015.10.16(金) 古森 義久
 
世界の究極の観光地ベスト500発表 1位はアンコール遺跡

世界の究極の観光地ベスト500で1位に輝いたカンボジアのアンコールワット遺跡群。「世界遺産」にふさわしいことは誰もが認めるところ。しかし「世界記憶遺産」に登録された「南京大虐殺」資料は・・・(c)Relaxnews/TripAdvisor〔AFPBB News



 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、中国が申請した「南京大虐殺文書」を世界記憶遺産に登録した。


 中国政府の年来の「南京大虐殺」に関する一方的な主張に国連機関が認定を与えた形となり、日本にとっては極めて不当な措置だと言えよう。中国政府がこの登録を日本攻撃の材料として政治的に利用することも十分に予想される。


 日本政府が最終段階で強く反対したにもかかわらず、ユネスコはなぜ、歴史的検証には耐えられない中国側の主張を認めたのか。


 日本政府、特に外務省は、中国が南京事件の自国側の資料を記憶遺産に登録させようとする動きに対して、タイムリーな阻止活動を行わなかった。


 加え て、ユネスコという国連機関の特殊性や世界記憶遺産の登録システムの特徴を十分に把握していなかった。少なくともこの2点が日本の失態を招いた理由だと言 えるだろう。

ユネスコが管理する3つの「遺産」

 まず世界記憶遺産とはなにかを説明しよう。

(つづく)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ