2008年08月


北京五輪での柔道種目はすべて終了しました。

日本から全世界へと広まった柔道も男女ともに、その1週間にわたる熱戦の幕を閉じました。

さて柔道の総括はどうなるのか。日本選手の戦績をどうみるべきか。

山下泰裕氏の総括を聞きました。

【古森義久の北京奥運考】男子の成績「衝撃的」山下泰裕氏の一問一答

2008.8.16 20:13
練習を見守る井上康生氏(左)と山下泰裕氏=7日、北京市・ジャパンハウス(山田俊介撮影)練習を見守る井上康生氏(左)と山下泰裕氏=7日、北京市・ジャパンハウス(山田俊介撮影)

 【北京=古森義久】北京五輪の柔道での日本選手の試合結果などについてロサンゼルス五輪の柔道金メダリスト山下泰裕氏は産経新聞のインタビューに応じ、次のように語った。 

 --日本選手全体としての戦績をどうみるか。

 「金4、銀1、銅2というメダル数は決して悪くない。これは女子の活躍と内柴、石井の勝利に負うところが大きく、その一方、男子の他の5人がまったく力を出し切れなかったことは衝撃的だった。一方、女子は金2、銀1、銅2というのは立派だ。メダルを取れなかった中澤はケガのためにやはり十分ではなかったが、佐藤はよく攻めており、相手に反則指導がいってしかるべきだった」


 --男子金メダルの石井の試合ぶりは。


 「彼は実によく練習し、研究する。上杉謙信が好きで、謙信の敵の分析法を研究しているそうだ。だから決勝でも自分の力を出し切ると同時に、相手のここ一発という得意技を一回もかけさせない組み手を貫いたのはすごかった。ただ一本を目指さない柔道とかで、旧来の男の美学とかプライドという要素は薄いと思うが、まだ発展途上であり、完璧(かんぺき)を求めるのは無理だ。とにかく断崖(だんがい)絶壁に追い込まれた日本男子柔道を彼が守ってくれたのだから」


 --一方、惨敗した鈴木の試合はどうか。

 
「事前には本人は調整は順調、気迫も十分だという話を聞いた。そして試合後は本人が『信じられない』と述べたという。確かに本人も、われわれコーチも、そして外国勢も、あんな鈴木を想像だにしなかった。2試合して、なにもできない。力が落ちていたのだとしかいいようがないだろう」

 --相手と組もうとしない選手への反則の措置が多くの試合の勝敗を分けたが。

 
「今回はいくらかその措置が厳しくなったが、日本の選手では谷が相手に道着を持たせないで、反則をくったわけだ。一方、その他の選手はみなつかみにいこうとはしていた。とくに塚田は強い中国の相手が持たせないのをなんとかつかもうと前へ、前へと出ていた」

 
  --日本の柔道への長期の期待としては。

 「柔道の底辺を広げるために一般の子供や母親に柔道の魅力をアピールし、柔道はおもしろく、人生にプラスになることを知らせて、運動能力が高く、聡明な子供たちを獲得できないとまずい。そのために日本の柔道界がどれだけ努力してきたか、疑問だ」



【古森義久の北京奥運考】元世界覇者、山下泰裕氏が語る北京の日本柔道 (1/2ページ)

2008.8.16 19:37
このニュースのトピックスワールドスポーツ
東海大学教授の山下泰裕氏=月25日(大山実撮影)東海大学教授の山下泰裕氏=月25日(大山実撮影)

 【北京=古森義久】北京五輪での柔道について世界の覇者だった山下泰裕氏に講評を聞いた。


  山下氏は全体の特徴としてまず世界の柔道の格差が減ったことと、頭を下げての足取り柔道がいくらか改善されたことの2点をあげた。

 「アルジェリアが2つもメダルを獲得し、アフリカ大陸の国が初めて傑出した成績をあげた。全体で男女合わせて25もの国がメダルをとった。日本の男子選手でも鈴木、泉、平岡らがみなマークされていない外国選手に敗れ去った。1回戦からどの国とあたっても気が抜けない。要するに世界の柔道の格差がますますなくなってきたということだ」

 
 確かに日本男子の石井、内柴両優勝者を除く5人はみな下馬評のそう高くない相手に負け、外国勢でも100キロ超級のフランス人の世界選手権保持者が前半で一敗を喫した。


 日本式柔道にとってとくに脅威の足取り柔道については山下氏は次のようにその傾向を分析した。

 「アテネ五輪で日本が大勝したため、その後、各国とも投げの強力な日本選手に対して頭を下げ、姿勢を低くして、足取りばかりを狙うという作戦に走った。その結果が昨年のリオデジャネイロの世界大会での『日本に柔道をさせない』戦術だった。だが、その傾向に対しこんどは『こんな柔道ばかりしていたら世界の柔道は滅びる』という懸念が各国の指導層で高まった。ダイナミックな一本を狙わずに相手にも道着を持たせず、腰を曲げたままというのではジャケットを着たレスリングとなってしまう。その結果、北京五輪では国際柔道連盟が組まない選手には反則判定を厳しくとることを決めたのだ」と、日本の男子陣には厳しく、「断崖(だんがい)絶壁に追い詰められたところをかろうじて石井に守られた」と評した。

 「5人は自分の力をなにも出せないうちに負けるという衝撃的な試合内容だった。いままでにないことだ。こんごの教育や訓練を抜本的に変えないと4年後はもっと厳しい状況になるかもしれない」

 これら敗北でもとくに目立った前金メダリストの鈴木の試合について山下氏は「相手の足取りにあんな棒立ちで、なにもできない鈴木を初めてみた。タックルしてきたモンゴル選手の体を横にひねらず、抱きかかえた瞬間にもう終わりだった。本人も頭ではわかっても体が反応しなかったのだろう」と厳しい。


  一方、優勝した石井については「決勝で相手に得意技を1回もかけさせなかったところが日ごろの研究熱心の成果だろう」と総括した。

 女子では五輪3連覇を狙った谷が準決勝で反則判定を取られて負けたが、この判定について山下氏は「本来は日本に有利になる組まない選手への『指導』が逆に谷の負けを決めたのは皮肉だ」として以下の見解を述べた。

 「残り30秒以下での判定に論議があるのは知っているが、あの時点では明らかに谷が組むのを嫌っていた。谷が触れなば斬らんというばかりに、とことん自分から組んでいって投げたアトランタ五輪時代とはいま異なるのは仕方ないだろう。谷が長年、日本柔道界を支え、日本国民に夢や感動を与えてきたことに心から感謝したい」

 山下氏は女子チームの金2、銀1、銅2という入賞結果を「立派であり、男子の不振を救った」と評する一方、熱戦の末に2位となった塚田の決勝戦の試合ぶりについて語った。

 「私は塚田にこの1年ほど、五輪で勝つためにするべきことをすべてやったかどうか自問するよう告げてきたが、決勝戦をみて彼女はそれを果たしてきたと感じた。相手の中国選手とはものすごい力の差があったのに、常に自分から動き、前に出て、あれだけのよい試合をしていたからだ」

(編集特別委員)


北京オリンピックの各種競技がはなやかに展開するなかで、この五輪の「円滑な運営」のために中国当局から行動を制約されている中国人たちが存在します。
中国での宗教の自由を求めてきた人たち、人権の尊重を訴えてきた人たち、などです。そんな人たちに光をあてる記事を書きました。

                    =======

ヘッダー情報終了【朝刊 総合・内政】
記事情報開始【古森義久の北京奥運考】「大統領は来なかった」

 

 「北京寛街キリスト教会」は北京市の中心部でも珍しく緑が多い閑静な地域にあった。

 広い街路に面した自転車店の真裏にあるため、表からは鉄のドアのある路地を曲がらないと所在がわからない。

 いかにも信仰の自由を認めない中国政府が自らの管理下で名目的に存続させる宗教施設という感じの寂しげなたたずまいだった。

 この寛街教会を米国のブッシュ大統領が10日の日曜日朝、訪れ、祈りを捧(ささ)げた。

 北京五輪の水泳やバスケットボールを次々と観戦する合間の礼拝だった。ローラ夫人や娘のバーバラさんとともに総勢50台もの車両を並べ到着し、午前8時からの礼拝に臨んだ。 

 ■「直訴」阻んだ当局 

 北京在住の長年のキリスト教信者の華恵林さんは弟の華恵棋牧師とともに早朝、家を出て自転車で同教会に向かった。

 だがすっと近寄ってきた2台の黒い車に止められ、内部に引きずりこまれてしまった。

 2人は個別に連行され、ブッシュ大統領の礼拝の関連行事がすべて終わる午後まで近くの工事現場の事務所内に拘束されたままとなった。

 地下教会とか家庭教会と呼ばれる非合法の場で信仰を続ける華兄弟は政府公認の宗教施設にはふだんは近寄らないのだが、この日は米国大統領に直接、中国のキリスト教徒の窮状を訴えることをも考えていたという。

 しかし2人が予定どおりに寛街教会に着いたとしても、大統領には近づけなかった。

 中国当局は前日に特定の中国人礼拝者に赤い入場券を与え、当日は午前6時すぎから入場券保持者以外は立ち入り厳禁としたからだ。

 華兄弟はそもそも当局の監視と管理の対象となっていた。

 キリスト教へのかかわりだけでなく五輪施設建設のための住民強制退去に抗議する活動に関与してきたからだった。

 中国当局は五輪の円滑な実施という名目の下、スポーツの祭典が盛り上がるこの瞬間も多数の自国民の言動を抑えている。

 五輪のために来訪した外国の政治家やメディアへの接触、抗議デモを防ぐためである。 

 ■人権活動家の落胆 

 香港や米国に本拠をおき、中国内部にも同調者多数を有する人権擁護団体の「中国人権」はそうした抑圧の実例を多数、報告している。

 北京在住の人たちの一部の例をみよう。

 ▽キリスト教指導者の徐永海さんは7月24日から24時間体制の監視下におかれ、北京以外からきたキリスト教信者の活動について警告され、パラリンピック終了後の9月末まで監視を受けると告げられた。

 ▽政治犯の何徳普氏の夫人の賈建英さんは7月24日から24時間体制の監視を受け、外国メディアの取材に応じないよう指示された。なお何氏はロゲ国際オリンピック委員会会長に自分が収監されている北京第二監獄の過酷な状況を視察してほしいという請願状を出した。

 ▽作家の余傑さんは7月31日から監視され、外出の際はすべて係官に同行されている。

 そのほかにも民主化運動にかかわった北京在住の弁護士たちが五輪期間中に北京を離れるよう指示されたケースや、地方の民主活動家らが北京に出ないよう行動を制約されているケースなどが多々、報告された。

 当然ながらこうした人たちのブッシュ大統領訪中への期待は高かった。

 自分たちに一言でも声をかけてくれれば、中国政府の人権や宗教の抑圧への効果的な抗議になるという期待だった。

 だから大統領が政府管理の教会しか訪れないことは人権を懸念する内外の関係者を落胆させた。

 中国の民主活動家に近い著名な中国社会研究学者のプリンストン大学ペリー・リンク教授はインターネットで以下の発信をした。

 「ブッシュ大統領が宗教指導者らの自宅を訪れ、面会を阻まれるだけでも効果はあった。しかし北京からは『大統領はいくら待っても来なかった』という失意のメッセージが届いただけだった」(編集特別委員)

              ======

記事情報終了フッター情報開始
 

北京のオリンピックで最も関心を集める種目の一つはバスケットボールでしょう。
バスケットといえば、中国の巨人選手、姚明が注視の的です。
その姚明が中心となった中国チームをつい先日のプレ五輪で破ったのはアフリカのアンゴラでした。
そのアンゴラの選手たちと思わぬ出会いがあったので、以下のコラムを書きました。
これもオリンピックならではの一情景でしょう。

なお北京五輪全体の政治的な特徴づけは、以下のサイトに書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/81/

                      =======

【古森義久の北京奥運考】「姚明」を破った内乱の国
2008年08月14日 産経新聞 東京朝刊 総合・内政面


 
 地の果てが見えないといっても誇張でないほど広大なオリンピック選手村の入り口に、真っ赤なジャージーを着た3人の青年が立ち、周囲を見回していた。

 いずれも180センチを軽く超える長身の黒人だった。

 そのうちの一人に、どこの国のなんの選手なのかを問うと、「アンゴラのバスケットです」と、かなり流暢(りゅうちょう)な英語の答えが返ってきた。

 ■冷戦後10年も続いた内戦

 アンゴラと聞いて、思わず身が引き締まった。

 はるかアフリカ南西部のこの国で恐怖の体験をしたことがあるからだった。

 アンゴラは東西冷戦とからみあった内戦を、冷戦終結から10年以上も後の2002年まで続けた国である。

 ソ連に支援された共産主義のMPLA(アンゴラ解放人民運動)という勢力が首都に政権を樹立し、米国や南アフリカに援助された反共のUNITA(アンゴラ全面独立民族同盟)がジャングルを拠点に対抗した。

 後者が辺地から、都市部の前者を攻撃する点などから「逆ベトナム戦争」とも呼ばれた。

 この戦争の報道のために私は1988年、UNITAの密林内の本拠に夜間飛行の小型機で着陸し、数日かけて前線まで出かけ、両軍が激しく砲火を交わす光景をみた。

 いま思いだしてもぞっとするほど危険な取材だった。

 だが私の訪れた側は2002年にカリスマ独裁者のジョナス・サビンビ議長が殺されて、敗れた。


 そうした国のバスケット選手に出会い、気軽に話せるのも、オリンピックだからこそだろう。

 「アンゴラの大統領はいまもドスサントス氏?」

 「はい、長いですけど、いまもそうです」

 「サビンビ氏という人物がいましたよね」

 「はい、彼は間違った側でした」

 スポーツの祭典での政治談議はせいぜいここまでだろう。

 だがこの選手の応答は短いながら実に意を得ていた。

 外国報道陣との接触にも慣れた感じだ。

 アンゴラのバスケットボールチームが近年、国際的にはなばなしく活躍してきたことと無縁ではないだろう。


 ■トップ級唯一のアフリカ勢


 石油とダイヤモンドの資源を抱えているとはいえ、血みどろの内戦で深い傷を負い、人口1600万、開発途上のアンゴラはまだまだ貧しい小国である。

 だが北米や欧州の先進国や大国が主役のバスケットの国際舞台ではトップ級の唯一のアフリカ勢として実績を重ねてきた。

 アンゴラは今回の北京五輪では、米国や中国、スペインなど最強豪が並ぶBグループである。だがとくに関心を集めたのは杭州で7月中旬に開かれたプレ五輪大会で中国を72対71で破ったことだった。

 この試合では中国チームはかの有名な姚明選手を擁していた。

 いまや中国では国民的な英雄であり、誇りとなった巨人選手の姚明は、米国NBAリーグでのプレーで左足を負傷し、それまで5カ月間ほど休んでいた。

 カムバックしての初の試合が対アンゴラ戦だったのだ。

 中国チームは姚明を中心に身長の高さをフルに利用して攻めたが、アンゴラ側のスピード攻撃と堅固な防御に僅差(きんさ)で負けた。

 アンゴラはまさにいま全世界が注視する姚明のチームを破ったのである。

 ただし同じプレ五輪で7月末に両チームは再び対決し、こんどは中国が83対74で雪辱を果たした。

 そして14日、こんどは五輪の本番でアンゴラと中国はまた対決するのだ。

 この試合は、あのアンゴラの密林での砲弾の炸裂(さくれつ)や、草原でのゾウやキリンの遠景、そしてサビンビ議長の太い声での熱弁をちらほら思いだしながら観戦することになりそうである。(編集特別委員) 

                       =======

北京五輪では周知のように柔道の100キロ級で期待された鈴木桂治が一回戦と、敗者復活戦と、いずれもあっさりと敗北しました。
この二回の敗北に共通するのは「足取り」です。そうです。鈴木は二試合とも相手に足を取られて、つまりタックルされて、投げられたのです。

一回戦の相手はモンゴル選手、正面から鈴木の足元に飛び込んできた相手は鈴木の両足を抱えて、引きつけ、鈴木があわてて、両足を後ろに最大限に伸ばし、上半身を前方に倒して、持ち上げられるのを避けようとしました。

 しかし相手はそれよりも早く、強く押し込んできて、場外に向けて、みごとに鈴木の両足を抱え込み、すくって、鈴木の体全体を背後に落としました。一本でした。
双手刈りと呼ばれますが、要するに足取りなのです。タックルと同じです。

敗者復活戦の相手はドイツ選手です。こちらはモンゴル選手より柔道らしい組み方をしてきましたが、鈴木の隙をついて、足取りにきます。
鈴木の斜め前方から足を一本だけつかみ、もう一方の手で、鈴木の他の足のズボンを握って引きつけます。そして最初にすくった足を勢いよさらに刈り取るように引きつけ、鈴木の体をみごとに倒しました。
これまた横落としなどと呼ばれるけれども、要するに足取りでした。

つまりわが日本の誇る前回の五輪の金メダリストの鈴木選手は二度、続けて、あっというまに外国選手に足を取られて、負けたのです。
日本の柔道の弱点を突かれたといえましょう。

ただしタックルが柔道の主要な技と認知されたままでよいのかどうか。
ここでまた年来の疑問が復活してきます。
足取りは柔道の技ではないという意見もあるのです。柔道の試合で二人の選手が足取りだけを繰り返したらどうなるか。柔道の本来の姿の否定につながりかねません。

その一方、足取りも柔道の立派な技だという考え方もあります。いまの国際柔道の主流でしょう。日本の古来の柔道にも双手刈りという技が存在します。だからたとえ事実上は単なるタックルであっても、立派な柔道の投げ技だという見解も成り立っています。

さあ、タックルを柔道の不可欠な一部として認め、それを自分たちも採り入れ、仕掛け、
その一方、タックルの防御法を徹底して身につけるか。
それともタックル自体を試合で制約し、一定以上は禁止するという方向へ動くのか。

さあ、日本の柔道界はこんな難題を突きつけられたわけです。

北京五輪で中国がその力を誇示する種目のひとつに、女子柔道があります。
中国の女子柔道はなぜ強いのか。中国では柔道というのは、そもそも不在なのに。

そのへんの疑問について書きました。
その結果、期せずして、中国のお国柄が改めて、浮き彫りにされたようです。

なお北京五輪の全体の特徴については以下のサイトに書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/81/

                   ========

【古森義久の北京奥運考】中国の柔道はミステリー
2008年08月12日 産経新聞 東京朝刊 総合・内政面

 
 
 中国の柔道はミステリーのようだ。

 国際的には女子の強豪ぶりがつとに知られている。

 10日の52キロ級でも洗東妹選手が前回のアテネ大会に続いて堂々と連続優勝したように、国際大会ではいつも多数のメダルをごっそりと勝ち取っていく。

 ところが中国の社会では柔道は幻影のごとく、実在しない。

 一般の市民が通える柔道場はどこにもない。
 
 各種学校の体育の授業でも部活動でも柔道はない。

 一般国民は知らないスポーツなのだ。

 愛知大学から北京に留学中の残留孤児3世の加留部瑶さんは五輪前に中国の友人に柔道を話題にしたら「それ、なに?」と問われ、とまどったという。

 ■女子を鍛えろ!

 金メダル候補の洗選手が出るのだから、中国のテレビも実況放送するだろうと思ったら、どのチャンネルも柔道の試合は報じていないので驚いた。

 射撃や重量挙げはたっぷり中継しているのに、である。

 「やはり日本のスポーツだからかもしれませんよ」と、もらした中国人の知人がいたことは付記しておこう。

 しかし普通の市民はだれも練習しないのに世界的強豪が出てくる中国女子柔道のナゾは東海大学体育学部教授の光本健次七段の説明を聞いて、初めて解けた気がした。

 光本教授は中国の男子選手の強化のために今年春まで8カ月ほど中国柔道連盟の特別コーチを務めた指導者である。

 やはりいかにも中国らしく国家が各省を通じ、全国規模で素質ある少数の少女たちを集め、官営の特別施設に居住させて徹底した訓練を何年も重ねた成果なのだという。

 別の柔道関係者によると、中国は国威発揚のメダル獲得作戦では他国につわものの多すぎる男子は早くからあきらめ、女子に集中して強化を進めてきたという。

 「全中国チームの選手たちは北京市内の国家柔道センターに恒常的に住み、一日中、練習を続けていますが、あくまで女子優先で、約50人の女子選手に30人ほどの男子が専属の練習相手としてつけられています。これら男子は各省から選ばれてくるけれども、女子の練習台専門で試合などには出ません」

 光本教授のこの説明は女子優遇の実態を物語る。

 国家柔道センターも50畳の練習場が十数面も並ぶほど広大で、施設の主体となる1階は女子、従となる2階が男子用だという。

 女子各選手には個別にコーチと練習台の男子選手がつき、柔道そのものよりも筋力パワーの強化に重点がおかれるそうだ。

 なるほど相手を持ち上げ、ひねり、ねじ伏せ、という洗選手の戦闘的な試合ぶりはそんな訓練方法を連想させる。

 ■国家アマチュア

 だがこうして国家アマチュアとして鍛錬を受ける選手たちがどれほどの「鉄の女」なのかと思っていたら、洗選手は32歳の母親で1歳半の娘がいることがわかった。
 
 しかも五輪前には「金メダルを取るために新婚旅行も結婚式もせず、夫には本当に申し訳ない」と語っていた。

 そして勝利の直後には中国紙の記者に次のように述べたという。

 「いま一番したいことは1年も会っていない娘に会うことです。母親としてすまないことばかりで、これから必ず埋め合わせます」(編集特別委員)

                       ======

以上の文中 「洗」選手の名前の漢字は正確には、以下のようになります。
     

つまり洗という字のサンズイがニスイとなるわけです。 

↑このページのトップヘ