2009年08月

核兵器についての論議がなお続く8月のこの時期、日本に投下された原爆について、もう少し考えてみたいと思います。

 

 なお核廃絶の実現のために考えねばならない核抑止の現実について以下のサイトに詳しい報告を書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090818/174625/

 

 

さてアメリカでは現在にいたるまで、「日本への原爆投下は正しかった」という意見が多数派です。

 

アメリカ政府は公式にもその立場を崩していません。

 

8月5日に日本の新聞各紙でも報じられたアメリカの大学の研究所による世論調査でも、広島と長崎への原爆投下は「正しかった」と答えたのが全体の61%でした。

 

「まちがいだった」と答えた人は全体の22%という結果でした。

 

米側の論理としては、原爆投下は日本の降伏を早め、その結果、多数の人命が救われた、という趣旨です。

 

だが当然ながら、これはあくまで戦争の一方の当事者の考え方です。

 

日本側としては、あの大規模な無差別殺戮を「正しかった」とは絶対にいえないでしょう。

 

人道上や道義上の観点から、米国の原爆投下を判断のまちがいだとして糾弾すべきでしょう。

 

国際的にみても、原爆投下が少なくとも倫理的に正しかったという主張は簡単には出てきません。

 

 しかし被害者である広島や長崎の側からは少なくとも例年8月の式典での宣言などを聞き、読む限り、アメリカの原爆投下自体への非難は明確には浮かんできません。

 

 アメリカの核兵器使用への人道的や道義的な責任を追及する声が聞こえないのです。

 

 広島市の秋葉忠利市長は毎年8月6日の「平和宣言」ではアメリカの近年の政権の核政策などを非難はしていますが、肝心の原爆投下自体への糾弾は述べていません。

 

 秋葉市長自身とは異なりますが、ソ連や中国との連帯を土台に日本での反核運動を動かしてきた活動家たちの間では、むしろ「日本の軍国主義が悪いから原爆投下という事態を招いた」という見解が珍しくないようです。

 

広島市の原爆死没者慰霊碑の碑文も、原爆を投下したアメリカを責めずに、逆に日本側を非難する傾向をうかがわせます。

 

碑文は「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。

 

ごくふつうに読めば、「過ち」を犯したのは日本側だという意味にとれます。

 

つまり文章の主語は日本側だと受け取れます。

 

日本側が被爆者をも含めて、ひたすら「過ち」を謝罪しているように読めるでしょう。

 

アメリカへの非難はツユほども感じられません。

 

この碑文は慰霊碑が1952年8月に建立されて以来、何度も論議の的となってきました。

 

一般市民からも「碑文は原爆投下の責任を明確にしていない」とか「原爆を投下したのは米国側だから『過ちを繰り返させない』とすべきだ」というような批判が出ていました。

 

しかし碑文を書いた当時の雑賀忠義広島大教授や浜井信三広島市長は「過ちとは戦争という人類の破滅と文明の破壊を意味すると主張したそうです。

 

そして、「過ちは繰返しませぬ」という文章の主語は「人類全体」だとする解釈を打ち出したのです。

 

だがもし主語が人類ならば、なぜ人類と書かなかったのか、という疑問が残ります。

 

それになによりも、この日本語を日本人が普通に読めば、大多数が「過ち」を犯したのは日本側だという意味に受け取るという現実が残るといえます。

 

東京裁判で日本人被告の無罪を主張したインドのパル判事も建立後まもない慰霊碑を訪れた際、通訳を介して碑文の内容を聞いて「日本人が日本人に謝罪している」と述べたそうです。

 

そしてパル判事は「原爆を落としたのは日本人ではない。落としたアメリカ人の手はまだ清められていない」と語ったとのことです。

 

つまりパル判事は原爆投下の正当化論をも激しく非難したのでした

 

だがその種の非難は日本側の被爆者サイドからはまず出てこないようです。

 

第二次大戦中の日本軍の残虐行為がいまもなお糾弾されるならば、米軍の民間人無差別大量殺戮である原爆投下もさらに厳しく糾弾されるべきでしょう。

 

とくに日本の内部にいる日本糾弾派には注意を向けてほしい歴史的事実がヒロシマとナガサキへの原爆投下です。

 

 

ちょっと時期遅れですが、NHKが8月15日夜に放映した討論番組をみて、意外な感じを受けました。想像していた以上に客観的、公正中立に映る内容だったからです。

 

番組は以下のようでした。

 

日本のこれから、”核廃絶”は可能か?市民が本音で徹底討論。

▽核兵器が保つ平和・・・”核の傘”は必要か?

▽”非核3原則”堅持すべきか、見直しか?

▽”日本が核保有?” 米議会でこんな議論も・・・

▽戦後日本のジレンマ 唯一の被爆国として・・・非核の誓いと安全保障

(その他は省略)

 

 

番組は30人ぐらいの「一般市民」を招いての自由な討論でした。

広島の被爆者もそのなかには含まれる一方、インドやパキスタンという核兵器保有国の代表も入っていました。

 

なにしろ3時間ほどの長い討論ですから、多様な意見が出ましたが、従来の「核はすべて悪であり、すべて拒否、核抑止など無意味」という情緒的な対応ももちろん多々、示されました。核兵器が日本にもたらした惨禍を考えれば、ごく自然な反応ではありましょう。

 

しかし意外だと思ったのは、東西冷戦でも核兵器の抑止と均衡が平和を保ってきたという国際的な認知や、日本の安全保障にはアメリカの核抑止が重要な支柱となってきたという現実をも主張する参加者がかなりの数、出ていたことです。

 

さらに意外だったのは、日本も核兵器を保有し、自主的な防衛態勢を築くべきだという意見を述べる男女が堂々と正面に出てきたことです。というよりNHKがこういう意見にもきちんと発表の機会を与えるようになったという事実が私にとっては驚きでした。

 

しかも核抑止や核武装を認める側の青年男女の発言のほとんどがきわめて明快で論理的なのです。職業も医師、弁護士、元自衛官、会社員など、きちんとした社会人、職業人でした。

 

反核一辺倒の側も大いに発言をしました。しかし全体を通じて、絶叫型、感情過多型が多く、「子供にとっての平和が大切だから核兵器はなくすべきです」などと述べるうちに泣き出す女性もいて、討論全体の中での論理と感情のギャップを痛感させられました。全体として「とにかく反核」という側が異論に対し、その相手の発言を大声で途中でさえぎるという回数がずっと多い点にも興味をひかれました。

 

日本や世界にとっての核抑止の効用を認める発言はあいつぎました。その核抑止自体を否定してしまうという国際的にはあまりに極端な意見も日本国内では広い認知を与えられており、NHKもその側に属してきたというのが、これまでの私の印象でしたが、少なくとも今回の番組では五分五分の扱いをした、という感じでした。

 

NHKもより中立、より公正な方向へと変わってきたのでしょうか。

例の台湾偏向番組への抗議に対する頑迷な態度をみる限り、そんな兆しは感じられません。しかし今回の核討論番組には、少なくとも「おやっ」と思わされたことは事実です。

 

NHKも一枚岩ではないということでしょうか。

それともたまには陽動作戦をとる、ということでしょうか。

                     ======

なお核廃絶の実現のために考えねばならない核抑止の現実について以下のサイトに詳しい報告を書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090818/174625/

 

原爆投下に対する日米の態度の違いなどについては、以下のサイトにコラム記事を書きました。広島市は原爆投下の非は日本側にあるという自虐の態度をとるな、とインドパル判事が批判したという歴史的な事実にも触れています。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090811/173838/

 

 

日本の非核三原則の虚構をあばいたライシャワー元駐日大使が私とのインタビューで明らかにした核持ち込みをめぐる「密約」や「ウソ」について語った記録の最終回です。

なお核廃絶の実現のために考えねばならない核抑止の現実について以下のサイトに詳しい報告を書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090818/174625/

 

原爆投下に対する日米の態度の違いなどについては、以下のサイトにコラム記事を書きました。広島市は原爆投下の非は日本側にあるという自虐の態度をとるな、とインドパル判事が批判したという歴史的な事実にも触れています。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090811/173838/

                   =====

古森 前にもあなたが言ったように、「イントロダクション」というのは、アメリカ側の解釈するところでは、核兵器を日本の領土である陸上に持ち込むことのみを意味するわけですね。

 ライシャワー 恒常的な意味で陸に揚げる、という意味です。そうです。核兵器を陸に置くということです。

 陸上に揚げて、それになにかの措置をほどこすことです。

 古森 それにいたらない段階は、いかなる場合でも・・・・・・。

 ライシャワー そう、それは「イントロダクション」にはなりません。

 古森 そしてそれは合意の中には入らないということですね。

 ライシャワー そうです。

 合意の中には入りません。

 アメリカ側では、そういった意味に理解されたことは一度もない、ということがまったくの明確なのです。

 古森 で、その一方、日本は独自に歩を進めて、野党が主張しているような線に沿うように前進してしまった。

 日米間の合意ができた後に、そういう日本側の動きがあったから、そのあとではもう手遅れとなってしまった、というようなわけでしょうか。

 ライシャワー そうです。

 日本政府は「日本が寄港などを認めるのは当然ではないか、どうしていけないのか。アメリカはそうした行動をとらなければならないのだ」と堂々と正面から言わないで、問題を避けようとしました。

 そうはっきり言明するだけの気構えが全然なかったのです。

 日本政府は「われわれはアメリカを信頼している」と述べて、すべての責任、すべての非難をアメリカ側に押しつけた方が、ずっと安易だと考えたのです。

 古森 しかし、いまとなってはもうそれをどうすることもできないわけですね。

 日本政府がなにか行動をとらない限りは・・・・・・。

 ライシャワー ええ、もし問題がまた表面化したならば、その時は日本政府は「ソ連の艦艇が核兵器を積んで日本の各海峡を往来しているのだから、アメリカの艦艇も当然、同様にすべきだ。アメリカの艦艇は日本の港に立ち寄らねばならない」とはっきり述べるべき時期です。

 古森 技術的にいって、アメリカの艦艇が日本に来る前にだけ核兵器を取りはずすという方途は、まったくないわけですね。

 ライシャワー アメリカは核武装潜水艦(戦略ミサイル潜水艦や攻撃型原子力潜水艦)を日本に寄港させたことはありません。

 もっとも手続き上は、寄港させてもまったくかまわない、と私は思うのですが。

 アメリカは原子力推進の潜水艦を寄港させてきただけです。

 でもこの原子力潜水艦というのは、核武装潜水艦とは全然異なるものです。

 アメリカは常に、核武装潜水艦を日本に寄港させないようにしてきました。

 古森 それが公式の・・・・・・。

 ライシャワー そうです。

 なぜなら核武装潜水艦が何であるかは、だれもが知っていますからね。

 それは核兵器以外の何物でもないわけです。

 しかし、そうした核武装潜水艦の場合でも、それが日本の港に入ってくることは正当だと思います。

 古森 アメリカの核武装潜水艦は、現実に日本の港には寄港はしていない、というわけですね。

 ライシャワー 核武装潜水艦は、現実に日本の港に寄港したことはまったくありません。

 寄港しているのは原子力潜水艦のみです。

 古森 教授がいま言っているのは、日本の公式な・・・・・・日本政府の公式な路線のことなのでしょうか。それとも現実の話をしているのですか。

 ライシャワー この場合は現実について話しているのです。

 というのは、核武装潜水艦というのは、核兵器そのものであるということがあまりに歴然としているからです。

 航空母艦はいろいろなことを意味しえます。

 核兵器を意味することにもなります。

 が、同時にその他の通常兵器でもあるわけです。

 古森 だからアメリカ側は、核武装潜水艦を日本に寄港させないよう、これまで気を配ってきた、というわけですね。

 ライシャワー そう、アメリカは日本側のセンシティビティ(神経過敏さ)などを理解していたからです。

 けれどもこの核武装潜水艦でさえも、本来は寄港、通過を認められるべきだ、と私は言いたいのです。

 古森 それでは、いわゆる「灰色の領域」というのは、航空母艦だけなのですか。

 ライシャワー 航空母艦と巡洋艦です。

 古森 ああ、そうですか。

 巡洋艦の中には核兵器を装備しているものもあるわけですね。

 ライシャワー ええ、巡洋艦はこれまで寄港しており、その中の一部は核兵器を装備しているのです。

              <このあたりは最も明確な形での“証言”だが、ライシャワー氏の語調にはとくに気負いも、ためらいも感じられない。それまでの日本の歴史を語ったような、ごく自然なトーンで質問に答え、話を進めていくのである>

 

 古森 そうですか。

 それでは(こうした日米間のくい違い、虚構をなくすためには)日本政府は声明をあらためて出すか、あるいはアメリカとの間に新しい合意をつくろうと試みることもできるのではないのでしょうか。

 ライシャワー そうですね。

 しかし、それよりも「イントロダクション」が何を意味するかということをふまえて、「モチコミ」が何を意味しているのかをまず説明すべきでしょう。

 古森 それは私には・・・・・・。

 ライシャワー もしアメリカが核兵器を貯蔵する基地とか、核兵器を発射するための基地を日本国内につくりたいというなら、話は違ってきます。

 その場合には日米間でまず(事前)協議をしなければなりません。

 そういうことはしないことをアメリカは条約によって同意しているのです。

 古森 荒っぽい言い方をするならば、主権国家の政府が公式にウソをついているように、私にはみえます。

 ここでいう政府とはもちろん日本政府のことですが、「核兵器を装備した船の通過でさえ、日米間の事前協議の対象となる」と主張しているのは、ウソになるのではないでしょうか。

 そうした主張は、その通過や寄港に関する合意のアメリカ側の解釈とはまったくくい違っているわけですから、なんらかの措置がとられるべき点だと私は思うのですが。

 ライシャワー もし日本政府が国民にそう述べているのなら、それはウソをついていることになりますね。

 はい。

 古森 念のためにもう一度質問しますが、この「イントロダクション」というのは、核兵器の寄港や通過は含んでいないわけですね。

 そしてそのことは初めから一貫してそうなっていた、ということですね。

 ライシャワー アメリカ側の解釈では、最初からずっと一貫してそうでした。

 古森 これまでのどこかの時点で、アメリカがみずから進んで、そういった点の実態を明らかにする言明ができなかったものなのでしょうか。

 ライシャワー ええ、でも問題はやはり日本国民にどう対応するか、なのです。

 そうした物事を日本国民に説明するという点では、アメリカは日本政府よりもずっと弱い立場にあるわけです。

 私が駐日大使をしている時でも、そういうことを試みる気には、とてもなれませんでした。

 (終わり)

 

いやはや、びっくりしました。

 

日本の民主党の党旗は日章旗を切り裂いた絵柄だというのです。

 

しかも党の前代表の小沢一郎氏がその切り裂かれた「日の丸」の旗の下に平然と立って演説をしているのです。

 

衆院選挙の公示の今日、こんなニュースが流れる、わが日本はどうなっていくのでしょうか。

 

なお核廃絶の実現のために考えねばならない核抑止の現実について以下のサイトに詳しい報告を書きました。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090818/174625/

 

原爆投下に対する日米の態度の違いなどについては、以下のサイトにコラム記事を書きました。広島市は原爆投下の非は日本側にあるという自虐の態度をとるな、とインドのパル判事が批判したという歴史的な事実にも触れています。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090811/173838/

 

 

 

民主党の集会で掲げられた、日の丸の旗2枚を切り張りして作った党旗(左上)。右は出席した小沢代表代行=8日、鹿児島県霧島市

鹿児島県霧島市で8日に開かれた民主党の衆院選立候補予定者の決起集会で、2枚の国旗を切り裂き張り合わせ、民主党旗として掲揚していたことが分かった。

 

集会には小沢一郎代表代行も出席しており、「切り刻んだ国旗」は民主党のホームページにも一時掲載されていた。

 

 麻生太郎首相が17日の党首討論会でこの事実を指摘し、「国旗を切り刻むとは、どういうことか。信じたくない。とても悲しく許し難い行為だ」と批判した。

 

 民主党の鳩山由紀夫代表は「そんなけしからんことをやった人間がいるとすれば大変申し訳ない。それは国旗ではなく、われわれの神聖なマークなので、きちんと作られなければいけない話だ」と述べた。

 

 海外では国旗への侮辱行為に刑事罰を科す国も多い。

 

 フランスでは公衆の面前で国旗に侮辱行為をした場合、7500ユーロ(約100万円)の罰金刑を定めている。

 

 集会で同じ行為をすれば、加重刑として6カ月の拘禁刑が科せられる。中国やカナダ、ドイツ、イタリア、米国も国旗への冒涜(ぼうとく)や侮辱、損壊などに処罰規定を設けている。

 

 日本では外国の国旗への侮辱行為などは外国国章損壊罪があり、2年以下の懲役か、20万円以下の罰金が科せられるが、国旗への侮辱行為には規定がない。

 

 昭和62年の沖縄国体会場で日章旗が焼かれた際は器物損壊罪が適用された。

ジョージタウン大学東アジア言語文化学部長のケビン・ドーク教授が書いた日本の首相の靖国参拝に関する論文の紹介の続きです。
 
麻生太郎首相に捧げたい一文です。
                          ======
2006年05月27日 産経新聞 東京朝刊 総合・内政面


 

 ■慰霊への干渉は不当

 中国政府が小泉純一郎首相の靖国神社参拝を軍国主義や戦争の美化と結びつけて非難することはあまりにも皮肉な倒錯である。
 
 いま中国が異様なほど大規模な軍拡を進めていることは全世界が知っている。
 
 その軍国主義の中国が日本の首相の神社参拝をとらえて、軍国主義だと非難するのだ。

 しかし他国に対する軍国主義志向や戦争美化という糾弾は、その相手側に現実の軍拡とか外国領土への侵犯、外国航空機への攻撃など実際の行動があって初めてできるのが普通である。
 
 首相が神社に参拝するからその国が軍事的だという主張は悪い冗談のようであり、靖国をあくまで糾弾するのならもっと真剣な理由を探してほしい。
 
 靖国参拝を軍国主義と結びつけるのは中国側の口実にすぎないのだ。

 中国が靖国を攻撃する背景には政治や外交の武器にするという目的以外に、信仰や宗教を脅威とみて、反発するという現実がある。
 
 中国政府は現に国内のカトリック教徒を弾圧し、逮捕までして、バチカンを無視し、自分たちに都合のよい人物たちを勝手に司教に任命している。

 中国政府は共産党員に主導され、共産主義者はみな公然たる反宗教の無神論者だ。
 
 共産主義の教理上、あらゆる宗教や信仰を本質としては認めないという立場であり、そもそも祈願とか参拝という概念を否定している。
 
 その非民主的な指針を民主主義の外国である日本に押しつけようとしているのだ。
 
 その指針の適用の行き着く先は、市民の自由や人権の弾圧となる。
 
 中国政府は国の内外を問わず、信仰に関する事柄に干渉すべきではないのである。

 中国は日本のA級戦犯を非難するが、東条英機氏らがたとえどんな悪事を働いたとしても、毛沢東氏が自国民二千万以上を殺したとされることに比べれば軽いだろう。
 
 だが毛氏は死後に中国で最高の栄誉を与えられ、国民が弔意を表する。
 
 中国が日本に対して主張する理屈に従えば生前の「犯罪」のために弔意を表してはならないことになるのだろうが、私は中国人が毛氏の霊に弔意を表する権利を認めたい。
 
 外部の政府や人間の関知することではないのだ。

 同様に米国民は南軍将兵の霊に、日本国民は東条氏らをも含む戦争のために死んだ人たちの霊に、それぞれ弔意を表する権利がある、ということである。
 
 だがその哀悼は毛氏や東条氏、さらに米国の場合、南軍司令官だったリー将軍が生前にすべて正しい行動をとったとみなすこととは異なるのだ。
 
 米国の場合、政府も大多数の国民も、南軍将兵が不名誉な目的のための戦いで死んだとみなしながらも、彼らの霊は追悼に値すると考えるわけだ。
 
 日本の政府や国民が不名誉なことをしたかもしれない人々を含めて戦争犠牲者の先人に弔意を表することも自然であろう。

 A級戦犯とされた人たちへの追悼が侵略戦争の美化だと断ずることは過酷にすぎる。
 
 戦争犯罪というのはベトナム戦争などの例をみても、一方にとっての犯罪が他方にとっての英雄的行為になりうる。
 
 東条氏らも当時、国家の責任ある立場にあって戦争が必要だとの判断を下し、自分たちが正しいとみなしたことを目指して失敗した、ということだろう。
 
 その戦争での一方が悪で他方が善という断定をいまになってまた下すことには意味がないし、だれにその資格があるのだろうか。

 それよりも戦後の法的処理がすみ、講和がなされた以上、故人たちを指さし、誰が誰よりも悪かったのかと追及することではなく、双方の側の戦没者に弔意を表することが最も適切だろう。
 
 私たちはみな深い罪を犯しうる不完全な人間であり、死者に対するときは崇敬と謙虚の念を抱くべきである。

 米国の一部には米国政府が靖国問題に介入し、小泉首相に参拝をやめるよう圧力をかけるべきだという意見があるそうだ。
 
 しかし日本人が自国の戦没者をどう慰霊するかに他国が介入すべきではない。
 
 自由で民主的、平和的な国の、民主主義的手続きで選ばれた政治指導者が年に一度、慰霊の場で戦没者に対し静かに頭を下げるという行為になぜ外国政府が介入すべきなのか。

 

 

 

 

↑このページのトップヘ