2015年10月



柔道が日米同盟の絆を強くする!~米国海軍のエリート養成大学で、日本の一流現役選手が熱血指導

2015.10.28(水) 古森 義久
 
米国海軍士官学校の柔道部で指導する奥村選手(手前右で立って技をかけている選手)


  米国海軍士官学校の訓練に、日本の柔道の心技が盛り込まれるようになった。


 日本側の関係者は、この日米交流を単に日本柔道を米国で普及させるためだけでなく、東日本大震災での米海軍主体の大救援作業「トモダチ作戦」への感謝の一環としても捉えているのだという。日本柔道が日米同盟の絆に寄与するということにもなりそうだ。

海軍の将校を養成するエリート大学

 ワシントン近郊、メリーランド州アナポリスの水辺に広がる米国海軍士官学校(U.S. Naval Academy)は、米国の海軍と海兵隊の将校を養成するエリート大学として知られる。日本の防衛大学のように4年制、いまの在学生は約4600人であ る。卒業生は海軍か海兵隊の少尉として任官する。


 同校には全米から志望者が殺到し、入学は超難関とされる。卒業生は、軍務の後に民間に転じて政治家や実業家になるケースも少なくない。ジミー・カーター元大統領やジョン・マケイン現上院議員などはその代表例である。


 米海軍といえばかつては旧日本海軍の最大の敵であったが、いまでは日米同盟の米側の最大の支柱となっている。第7艦隊中枢が駐留する横須賀は、日本の防衛の米軍最大拠点でもある。

(つづく)


米国は日本に戦争に加わってほしいとは思っていない~元米国防総省高官が語る「日本に期待すること」

2015.10.21(水) 古森 義久


安保法案が参院本会議で可決、成立

2015年9月19日、参議院本会議場で安全保障関連法案が可決された。(資料写真)。(c)AFP/TOSHIFUMI KITAMURA〔AFPBB News



 平和安保法制関連法は国会での長い審議の末、成立し、日本の集団的自衛権も一部を行使することが可能になった。


 だが、反対派はこの法律が日本を自国の安全保障とは関係のない米国の戦争に巻き込むことになると主張する。


 実際のところ、日米同盟の運用にはどんな影響を与えるのか? 米国政府で長年、同盟諸国との集団防衛や多国間の安全保障を担当してきた元国防総省高官に尋ねてみた。


 同高官は、日本の安全とは直接的な関係がない米国の軍事行動に、日本が意思に反して参加させられる可能性は現実にはないという。そして、今回の安保関連法が日米同盟の強化に大きく役立つと明言した。


 元米国防総省高官ブルース・ワインロッド氏はレーガン政権でNATO政策担当の国防次官補代理前を務め、前ブッシュ政権では国防総省北大西洋条約 機構(NATO)駐在首席代表を務めた。その間、多国間同盟のNATOの機能、特に集団的自衛権の発動に関する戦略を扱った。同氏は民間の「ジャパン・ソ サエティー」の特別研究員として半年ほど日本に滞在し、日米同盟について研究したこともある。

(つづく)


世界記憶遺産「南京大虐殺」登録は日本の失態~ユネスコがどんな組織か知らなかったのか?

2015.10.16(金) 古森 義久
 
世界の究極の観光地ベスト500発表 1位はアンコール遺跡

世界の究極の観光地ベスト500で1位に輝いたカンボジアのアンコールワット遺跡群。「世界遺産」にふさわしいことは誰もが認めるところ。しかし「世界記憶遺産」に登録された「南京大虐殺」資料は・・・(c)Relaxnews/TripAdvisor〔AFPBB News



 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、中国が申請した「南京大虐殺文書」を世界記憶遺産に登録した。


 中国政府の年来の「南京大虐殺」に関する一方的な主張に国連機関が認定を与えた形となり、日本にとっては極めて不当な措置だと言えよう。中国政府がこの登録を日本攻撃の材料として政治的に利用することも十分に予想される。


 日本政府が最終段階で強く反対したにもかかわらず、ユネスコはなぜ、歴史的検証には耐えられない中国側の主張を認めたのか。


 日本政府、特に外務省は、中国が南京事件の自国側の資料を記憶遺産に登録させようとする動きに対して、タイムリーな阻止活動を行わなかった。


 加え て、ユネスコという国連機関の特殊性や世界記憶遺産の登録システムの特徴を十分に把握していなかった。少なくともこの2点が日本の失態を招いた理由だと言 えるだろう。

ユネスコが管理する3つの「遺産」

 まず世界記憶遺産とはなにかを説明しよう。

(つづく)



 ›   › 

習近平は容赦なし、中国の人権弾圧が「最悪」の状況に~米国の政府委員会がオバマ政権に対策を要請

2015.10.14(水) 古森 義久

オバマ米大統領、ダライ・ラマを「良い友人」と称賛

チベットでは中国の弾圧に抗議する僧侶や住民の抗議の焼身自殺が増加している。米ワシントンD.C.で開催された朝食祈祷会で挨拶するチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(2015年2月5日撮影)。(c)AFP/SAUL LOEB〔AFPBB News


 米国の議会と政府が一体となった「中国に関する議会・政府委員会」は10月9日、中国の人権弾圧の状況を包括的に調べた結果をまとめた2015年の年次報告を公表した。


 同報告は、現代の中国の歴史の中で習近平政権が最も苛酷で容赦のない人権弾圧を実施していると断定し、オバマ政権に対して、今後の対中政策では人権問題に多くの比重を置くことを要請した。


「中国に関する議会・政府委員会」は2001年に、中国の人権と法の統治の実態を調べ、その現状が米中関係にどう影響しているかを考察して米国の対 中政策に反映させることを目的として設置された。同委員会は上下両院議員各9人と行政府の国務省、国防総省、商務省などの代表で構成される。恒常的な調査 を基に公聴会を開き、中国の人権問題の当事者や専門家の証言を聞いて年次報告にまとめ、行政府と立法府への政策勧告を行っている。

政権への批判を徹底的に弾圧

 今年度の報告は、冒頭でまず「習近平政権は、政権への批判を抑え、人権活動家を弾圧し、市民社会を圧迫している。その施策の規模は、当委員会が初 めて年次報告を出した2002年以来最悪となった」と記す。習近平国家主席の自国民弾圧が歴代の共産党政権でも最悪だとする総括である。

(つづく)



国際  投稿日:2015/10/13

[古森義久]【TBS北朝鮮報告の「偏向」】~安倍政権の政策への批判の根拠は?~



古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」


執筆記事プロフィールBlog


TBSテレビの北朝鮮報告を視聴して、このテレビ局はやはり北朝鮮政府が喜ぶことを伝え、自国政府を批判する偏向があるのだと実感した。「少なくとも結果として」という注釈を付けておこう。


TBSがドラマで北朝鮮による日本人拉致事件の解決を願う側のシンボルの青いバッジを付けた政治家を徹底した悪役に描いていたことはこのコラムでもすでに報じた。TBSは報道や論評では一貫して自民党の安倍晋三政権に対して批判的な基調を保っていることは否定できまい。


だからなるほどとも思わされたのが、10月12日深夜に再放映された北朝鮮報告だった。10月10日にすでに放映された報告の再放送だという。おも しろいと思ったのは2点だった。番組は北朝鮮当局に特別に招かれたらしいTBSの記者が平壌の各所を回り、記者自身の感想を入れて、「北朝鮮社会の実態」 を伝えるという趣旨だった。


まず第一は記者の「経済制裁が効いている気がしない」というコメントである。周知のように日本政府は拉致問題解決のために「対話と圧力」という標語 を掲げ、北朝鮮への一連の経済制裁を実施している。北朝鮮の独裁政権が国際孤立や経済悪化が一定線を越えて激しくなったときに対外譲歩をするというパター ンをみせた2002年の金正日書記による日本人拉致自認の実例を基礎とした経済制裁措置である。


ところがTBS記者は北朝鮮当局の案内で訪れた豪華水泳プールやエリート高校を見ての総括のように「経済制裁が効かないのは個人の自由な経済活動が 認められた、ニューリッチとも呼べる富裕層が緩衝役を務めるからだと思う」と解説した。北朝鮮に本当に新しい富裕層がいるのか、いたとしてもその存在がな ぜ国家全体への外部からの経済制裁の効果をなくしてしまうのか。その説明の理屈がまったく不明解である。あまりにも情緒的な感想なのだ。だが全体としては 日本政府の現在の対北朝鮮制裁に対する批判、反対が明確となる。


第二は同じ記者の「北朝鮮にとって日本の外交的な優先順位が下がっている」という感想だった。「中国や韓国との関係がよくなったため、北朝鮮から日 本との関係改善を求めることはないだろう」ともいうのだ。確かに中国は10日の平壌での軍事パレードに劉雲山政治局常務委員を派遣した。久しぶりの中国の 大物高官の北朝鮮訪問だった。


だがこの訪問だけで中朝関係が一挙に改善したといえるのか。韓国との関係改善の根拠とはなんなのか。アメリカとの関係がよく なったのか。みな答えは不明のままである。だが同記者は「だから日本は拉致問題解決には新しい知恵をしぼらねばならない」と現在の安倍政権の政策への批判 できちんと総括していた。


いずれも北朝鮮の当局が選び、当局者が同行しての「ガイド・ツアー」での北朝鮮報告である。相手の都合のよい「点」だけをみせられ、「線」や「面」 はみえないという共産主義諸国の外国メディア誘導法の典型だといえる。

その結果の最大の結論が自国政府の政策批判なのだから、どうしても「偏向」という言 葉が連想されてしまうのだった。


↑このページのトップヘ