2016年03月


.国際  投稿日:2016/3/15

「赤い州」と「青い州」の意味 米大統領選クロニクル その6



古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」


私が拠点とするアメリカの首都ワシントンDCでも3月12日、共和党の党員大会があった。私の住むマンションでも住民の知りあいの男女が誘いあっ て、やっと春らしくなった日差しののなか、徒歩で、あるいは車で、ぼつぼつと近くの集会場へ出かけていく姿がみうけられた。ああ、本当に選挙なのだなと、 実感させられる光景である。


投票の結果はマルコ・ルビオ上院議員が最も多い票を得て、首位となった。この党員大会での総票数の37.3%を得て、共和党全国大会での代議員10 人を獲得した。2位はオハイオ州知事のジョン・ケーシック氏で、得票率35.5%、代議員獲得数9人。ドナルド・トランプ候補は13.8%と3位に留まっ た。代議員を獲得できず、首都では

敗北に終わった。ちなみにテッド・クルーズ上院議員は最下位、得票率12.4%だった。


だがこの数字も順位も実はさほど意味がない。なぜなら民主、共和両党の候補が正面から対決する本番選挙ではワシントンDC(正式呼称はコロンビア特 別区)では共和党候補はまず絶対に勝てないからである。この地区では歴史的に民主党候補が必ず勝ってしまうのだ。理由は単純、首都の住民は民主党支持者が 圧倒的に多いことである。


そのまた理由となると、やはり首都には黒人住民が多いことがあげられる。歴史的に黒人は強固な民主党支持であり、首都では総人口 の6割近くが黒人なのだ。


大統領選挙の長い歴史でもワシントンDCの民主党支持の強さは定評がある。なにしろこれまでただの一度も共和党候補が勝ったことがないのだ。これま での大統領選挙で全米での圧倒的な大勝利としてはまず1984年に共和党のロナルド・レーガン氏が民主党ウォルター・モンデール氏を記録破りの大差で葬っ た戦いがある。このときはレーガン氏が全米50州のうち49州で勝利をおさめた。だがワシントンDCはモンデール氏が勝ったのである。 


1972年にも共和党のリチャード・ニクソン大統領が民主党のジョージ・マクガバン候補を歴史的な大差で破った。このときもマクガバン氏はワシントンDCでは勝利を飾った。全米ではニクソン氏が50州のうち49州を席捲した。ワシントンDCは特別区だから州には入らない。


アメリカの選挙ではワシントンDCのように民主党が強い地区や州を「青い州」と呼ぶ。共和党が強いところは「赤い州」だ。この表現は全米的には 2000年の選挙のときから定着した。それ以前はニュースメディアの区分では、わかりやすい色分けとして赤と青を使っていたが、民主、共和が逆のことも 多々あった。それが民主はブルー、共和はレッドで落ち着いたのだ。


全米的にはここ20年ほどの投票結果からみると、「青い州」はハワイ、カリフォルニア、ニューヨークなど、「赤い州」はテキサス、アリゾナ、ネバダ など、その中間に英語で「Swing States」、つまりどちらかの党に振れる不確定な州がある。この区分は民主、共和両党の固定票と、その中間の浮動票とみても妥当である。


だから私が以前から聞いてきたのは、アメリカの大統領選挙は民主、共和両党の固定票がだいたい拮抗し、残りの浮動票、無所属票の争奪によって結果が 決まる、というメカニズムだった。この構図は基本的にはいまも変わらないだろう。ただしドナルド・トランプ氏のような型破りの候補が出てくると、この構図 もとらえにくくはなる。

だがそれでもなおこうした基本構図を知っておくことはこれからのアメリカ大統領選の行方を追う上でもきわめて有益だろう。


米国の悲劇?もしもトランプ政権が誕生したら

大手シンクタンク研究員が予測した3つのシナリオ

2016.3.9(水) 古森 義久
「恥ずかしい」が50%=「トランプ大統領」なら-米世論調査

米ミシガン州グランドラピッズでの選挙集会で演説するドナルド・トランプ氏(2015年12月21日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Scott Olson〔AFPBB News


 現在、大統領選挙予備選で共和党側候補の先頭を走り、旋風を巻き起こしているドナルド・トランプ氏がもしも大統領になったら、どんな政策をとり、どんな統治をするのか。その結果、アメリカの国政はどう変わるのか。


 その疑問の答えを、ワシントンの主要研究機関の政治学者がきわめて具体的に予測した。


 それによると1期目の4年が終わる時点で3つのシナリオが考えられる。第1は、米国が混乱や摩擦を起こしながらも偉大な大国として前進するという 展望だ。第2は、あまりにも横暴が目に余る大統領を、議会が弾劾し辞任を迫るという展望。第3はトランプ大統領が米国の民主主義も建国の理念も破壊してし まうという悲劇的な展望――だという。

トランプ大統領が何をするのか今から予測しておくべき

 この3月はじめ、ワシントンの民主党系大手シンクタンクのブルッキングス研究所上級研究員で米国政治研究が専門のフィリップ・ワラック氏は、「2020年から回顧したトランプ大統領の3つの職務」と題する論文を発表した。

(つづく)

.政治  投稿日:2016/3/3

朝日、ご乱心 安倍叩きに「トイレつまらせろ」?



古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」



朝日新聞の2月28日朝刊(アメリカでの国際版)のコラム記事を読んで、びっくり仰天した。こんなハチャメチャな記事を載せて、日本の全国紙の名に値するのだろうか。記事が偏向とか誤報だというのならまだ理解できるが、内容があまりに粗雑、下品、かつ論理のかけらもなく、違法行為の扇動でもあるのだ。


私も長いこと新聞記者をしてきたが、こんなひどい記事はみた記憶がない。朝日新聞の編集というのは果たして大丈夫なのか。それとももうここまで落ちてしまったのか。


この記事は同朝刊の第4面に掲載された「政治断簡」と題するコラムふうの一文だった。筆者は政治部次長の高橋純子記者と記されていた。次長だから一般記者の取材や出稿を指揮する立場なのだろう。少なくとも中堅、あるいはベテランのはずである。


その記事のタイトルは「だまってトイレをつまらせろ」だった。


この記事の要旨を先に述べるならば、安倍政権に抵抗するためには公共のトイレで尻を拭く際に新聞紙をわざと使って、そのトイレをつまらせろ、という のである。そこに比喩的な意味が入っているとしても、そのトイレのつまらせ方をきわめて具体的に説明しているのだから、文字どおりに読めば、上記のような 概要となる。まず記事の冒頭を紹介しよう。

「だまってトイレをつまらせろ」

このところなにかにつけてこの言葉が脳内にこだまし、困っている。新進気鋭の政治学者、栗原康さんが著した「はたらかないで、たらふく食べたい」という魅惑的なタイトルの本に教えられた。


まず筆者は「トイレをつまらせる」ことを実際に考えている自分の脳を強調するわけだ。そして「働かないで、たらふく食べたい」という言葉が魅惑的なのだという。その表現のなにが魅惑的なのか。普通の感覚とは思えない。

記事はさらに同書の内容として工場経営者が工場のトイレにチリ紙を完備しない場合、労働者はどうすべきか、という問いかけを紹介する。会社側との交渉や実力闘争という方法もあるが、ベストは「新聞紙等でお尻を拭いて、トイレをつまらせる」ことだという。


そしてさらにこう書くのだ。

チリ紙が置かれていないなら、硬かろうがなんだろうが、そのへんにあるもので拭くしかない。意図せずとも、トイレ、壊れる、自然に。修理費を払うか、チリ紙を置くか、

あとは経営者が自分で選べばいいことだ――。


つまりは工場内の共用、公共のトイレを壊せというのだ。意図的な行為なら刑法261条の器物損壊罪となる。だからこの記事は普通に読めば、犯罪行為をも扇動しているのだ。


ここで当然、ではなんのために、という疑問がわくだろう。高橋記者は記事の真ん中の部分で、「おのおのがお

尻を何で拭こうがそもそも自由(中略)という精神のありようを手放したくはない」と話しを進める。そして最後の部分でやっと標的を示すのだ。

 安倍晋三首相は言った。

「この道しかない」

固有名詞は関係なく、為政者に「この道しかない」なんて言われるのはイヤだ。

近道、寄り道、けもの道、道なんてものは本来、自分の足で歩いているうちにおのずとできるものでしょう?

はい、もう一回。だまってトイレをつまらせろ。ぼくらはみんな生きている。


さて以上の記事の主眼は普通に読めば、トイレで大便をした後に新聞紙を使え、という勧めに尽きてしまう。それが安倍政権への反対活動の最善の方法だというのだ。たとえ比喩やたとえにしてもだ。


そもそも新聞記者が自分の生命でもある新聞を尻拭きに使えという無神経、朝の食卓でも読まれる新聞に大便の事後処理を話題にする繊細さの欠落、そしてクソも味噌も安倍政権叩きに使う乱心ぶり・・・朝日新聞さん、正気なのですか、問いたくなる。


国際  投稿日:2016/3/1

米国人が見た世界一の日本




古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

「古森義久の内外透視」





久しぶりでほんわかと楽しくなる本を読んだ。人間の温かさを感じさせる書とでもいおうか。わが日本の見直しかな、とも考えた。グローバリゼーション とか国際化という言葉のあふれる現代における古きよき日本、日本らしさが主題の本だといえる。しかも外国人がみた日本の姿なのだ。


「日本人が気付かない世界一素晴らしい国・日本」(ワック株式会社刊)という本である。

著者はジョージタウン大学のケビン・ドーク教授で、彼の日本とのかかわり、日本の考察が中身である。


ドーク氏といえば、東部の名門のジョージタウン大学で東アジア言語文化学部長まで務めた著名な学者で、専門は日本近代史、とくに日本のナショナリズ ムの研究で知られる。現在55歳のそのドーク氏が17歳のときに初めて交換留学生として来日し、長野県上田市にある県立の上田東高校に入るところから始 まった日本体験をわかりやすく綴ったのがこの本である。


アメリカ中西部イリノイ州の小さな町から上田市での初めての外国生活をスタートさせたドーク少年が異世界、異文化になじんでいく過程が生き生きと描 かれる。彼は柔道にも励み、指の骨を折っても屈せずに、日本人の仲間との稽古に夢中になる。そしてその日本が大好きになって、1年間の交換留学生の生活が 終わっても日本にずっと残りたいと思い、上智大学への入学申請手続きまでをとった。


ところがアメリカの父親にどうしても帰国せよと命じられ、文字どおり泣く泣く日本を離れる。そのかわりにこの大好きな国とこんごもきずなを保とう と、大学や大学院でも日本研究の道を選んだ。そしてフルブライト奨学金を得て、また来日し、立教大学や東京大学で研修する機会を得る。


こうしたアメリカ人学者の日本体験記であり、日本論なのだが、単に日本が好きだという域を越え、日本の魅力や長所、そして弱点までをすべて実体験の 皮膚感覚から始まるエピソードの積み重ねで紹介していく。そのうえで学者としての鋭い分析で日本の特徴を解明していく。だから「日本人自身が日本のすばら しさに気づいていない」とか「世界が『思いやり』と『おもてなし』の日本文化に気づき始めた」というような一見、平板にひびく考察にも説得力を感じさせ る。


ドーク教授は本書では日本の天皇制、民族主義や近代史、首相の靖国神社参拝、宗教と文化といった主題にも踏み込み、鋭く論評する。だが全体を通じて 彼個人の日本での生活ぶりや日米比較文学の研究者の夫人や2人の息子たちがいかに日本を好きになったかの多数の逸話がおもしろい。日本って、そんなに魅力 ある国なのかと、思い知らされる書だとも感じた。

unnamed (1) 「日本人が気付かない世界一素晴らしい国・日本」(ワック株式会社刊)著者の ケビン・M・ドーク氏


↑このページのトップヘ