2016年06月

政治的圧力があったことにしたい圧力はどこから?

空回りの朝日新聞、各局キャスターは圧力を揃って否定

2016.6.8(水) 古森 義久

テレビ局への政治的圧力はあったのか?(写真はイメージ)



 国内外の一部のマスコミやジャーナリストが「日本のテレビ局に政府・自民党の政治的圧力がかかっている」と主張している。だが、テレビ局のニュー スキャスターたちは一様に「そんなことはまったくない」と否定する。一部マスコミの主張は事実に反しているのか、それともキャスターたちがウソをついてい るのか。

「何らかの圧力や局側の忖度があった」?

 マスコミの中で、テレビ局への政治的圧力の存在を特に強く主張するのが朝日新聞である。

 朝日新聞はこのところ「日本のニュースメディアは政府・自民党の政治的圧力を受け、報道スタンスを変えている」という主張を熱心に広めている。テレビのニュース番組に関しても「政治権力の圧力」を強調するようになった。

 ごく最近では4月20日の朝刊で「政治権力の側からテレビ局への『注文』が相次いでいる」と明記していた。同日から始まった「教えて! ニュース キャスター」というタイトルの連載インタビュー記事では、問題提起として以下のようなことが書かれている(これらの記述は誰かの言葉を引用したわけではな く、朝日新聞の記者が書いた地の文章である)。

↑このページのトップヘ